スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長編詩『青年の譜』のお話

さらに青年よ 君たちよ!

今世紀を段階にして
二十一世紀の彼の山を目ざしゆこう
美事に逞しく登攀し
新しき世紀の展開の
幕を再び開くのだ

青年よ!
生き抜くのだ
断じて 生き抜くのだ

絢爛とした 総体革命の主体者として
決然 歴史に勝利するのだ

午前八時の
青年の太陽(かれ)は 今日も昇りゆく!
青年の鼓動にあわせて昇りゆく!

P1010736_1.jpg

≪ナレーション≫ 本日の寸劇人間革命は、長編詩 「青年の譜」のお話であります。

時は昭和51年西暦1976年1月。
学生部の先輩が、薄いブルーの表紙の、小冊子を持ってきたのです。
その小冊子のタイトルには、「青年の譜」と記されていたのであります。

≪先輩≫ われには われのみの使命がある

       君にも 君でなければ 出来ない使命がある


このフレーズは前から知ってたけど、この詩にこんな深い意味があるとは知らなかったよ。
ちょっと読んでみるよ

青年の譜

天空に雲ありて
風吹けど
太陽は 今日も昇る
午前八時の青年の太陽(かれ)は
無限の迫力を秘めて
浸透(しんとう)しつつ 正確に進む


幕は落ちた 第二の十年
線上より 広く面上にうつり
高く聳(そび)えゆく
二十一世紀の結実の文化の作業をするのだ
それは 君達の踏む檜(ひのき)舞台!
誇り高き 初登場だ!

われには われのみの使命がある
君にも
君でなければ 出来ない使命がある

青春の躍動せる力なくして
老いたる世代に 何ができるか
未完成より 完成への構築の坂
青春の歌
文化の曲
革新の銅鑼(どら)を 鳴らしながら
勇壮に 雨に打たれて働こう


鉄は冷たい 烈風(れっぷう)もある
鉄は重たい 汗も出る

だが 労苦と使命の中にのみ
人生の価値(たから)は生まれ
壮麗(そうれい)なる結晶の曲が響きわたる



≪後輩≫先輩、いい詩じゃないですか。すごい!

≪先輩≫実はね、この詩の暗唱運動が始まったんだよ。

≪後輩≫ゲ。丸暗記ですか!

≪先輩≫そうだ。いっしょに頑張ろう!!

≪ナレーション≫ 東京の学会本部では、学生部全国幹部会が開かれています。
壇上に登場した、原田稔学生部長が、先駆を切って、青年の譜の暗唱を行ったのであります。

野崎勲男子部長の見守るなか、原田稔学生部長は、はりのある声で朗々と「青年の譜」の暗唱を始めたのであります。

スポンサーサイト

テーマ: 二次創作 | ジャンル: 小説・文学

母の手紙


はやくきてくたされ。

はやくきてくたされ はやくきてくたされ。

はやくきてくたされ。

いしよのたのみて。ありまする。

にしさむいてわ。おかみ。ひかしさむいてわおかみ。しております。

きたさむいてはおかみおります。

みなみたむいてわおかんておりまする。


meiji45nenn1gatu.jpg

meiji45_1.jpg



≪ナレーションA≫ 母は息子の帰りを、待っていたのであります。

子供の時に両親と別れ、祖母の手で育てられた、母。

朝から晩まで、子守や、野良仕事に追われた、母。

雪の峠を越えて、荷物を運ぶ重労働をやり、猪苗代湖でエビを捕り、行商に出、夜も縄をなった母。

そんな、目を離したすきに、赤ん坊が、手に大やけどをしてしまった。

≪ナレーションB≫ なんて事だ。

この子は手が不自由だから、もう、百姓はできない。

学問で身を立てるしかない。

≪ナレーションA≫ 働きづめに働いて、学校に入れさせた。

成績は、優秀。若くして、医者の国家試験に合格。

医学博士にもなった。

研究所で、立派な仕事をした。

母は、なんと誇らしかったことであろうか。

≪ナレーションB≫ しかし、いったい、いつになれば帰ってくるのか。

船に乗って何ヶ月もかかる、アメリカという国。

行ったきり、もう12年にもなるのだ。


≪ナレーションA≫ 息子から手紙が届いた。

ロックフェラー医学研究所。

立派な姿の写真。

その写真に両手を合わせ、あふれる涙を、どうしようもなかった。

その涙を、すずりの水として、母は、手紙を綴(つづ)ったのでありました。

明治45年1911年1月23日のことであります。


≪母の手紙≫

おまイの。しせ(出世)にわ(は)。

みな たまけ(げ)ました。

わたくしも よろこんで を(お)りまする。

なかた(中田)の かんのんさまに(観音様に)。

さまに(様に)ねん(新年の)。

よこもり(夜篭り)をいたしました。

べん京(勉強)なぼ(いくら)でも。きりか(が)ない。

いぼし(集落名)。ほわ(は)こま(困)りをりますか(が)。

おまいか(が)。きたならば。

もしわけ(申し訳)か(が)て(で)きましょ。

はるになるト。

みな ほかいド(北海道)に。いて(行って)しまいます。

わたしも。こころ ぼそく ありまする。

ドか(どうか)はやく。きてくだされ。

かねを。もろた(もらった)。こト たれ(誰)にも きかせません。

それを きかせるト みなのれ(飲まれ)て。しまいます。

はやくきてくた(だ)され。

はやくきてくた(だ)され はやくきてくた(だ)され。

はやくきてくた(だ)され。

いしよの(一生の)たのみて(頼みで)。ありまする

にしさ(西さ)むいてわ(は)。おかみ(拝み)。

ひかしさ(東さ)むいてわ(は)おかみ(拝み)。しております。

きたさ(北さ)むいては おかみ(拝み)おります。

みなみた(南に)むいてわ(は)おかんて(拝んで)おりまする。

ついたち(一日)にわ(は)しをたち(塩断ち)をしております。

ゐ少さま(え少様・僧侶)に。ついたち(一日)にわ(は)

おかんて(拝んで)もろて(もらって)おりまする。

なにお(何を)わすれても。これ わすれません。

さしんお(写真を)みるト。

いただいて おりまする。

はやくきてくた(だ)され。

いつくるト おせて(教えて)くた(だ)され。

これの へんちち(返事を)まちて(待って)を(お)りまする。

ねても ねむられません


≪ナレーションA≫ 数年後、一時帰国。

15年ぶりに、母と子は再会した。

しかし、もう二度と故郷の土を踏む事は、無かったのであります。



≪ナレーションB≫ 桂冠詩人は、詠(うた)いました。


母よ あなたは

なんと不思議な 豊富(ゆたか)な力を

もっているのか

もしも この世に

あなたがいなければ

還るべき大地を失い

かれらは永遠(とわ)に 放浪(さすら)う


母よ わが母

風雪に耐え 悲しみの合掌(いのり)を

繰り返した 母よ

あなたの願いが翼となって

天空(おおぞら)に舞いくる日まで

達者にと 祈る


母よ あなたの

思想と聡明(かしこ)さで 春を願う

地球の上に

平安の楽符(しらべ)を 奏でてほしい

その時 あなたは

人間世紀の母として 生きる


≪ナレーションA≫ 母の名前は、野口シカ。

そして、この手紙は、福島県猪苗代町にあります、野口英世記念館に、大切に保管・展示されているのであります。


本日は「母の手紙、母の歌」と題しまして、旭日地区のオールスターキャストでお送りいたしました。


以上で寸劇人間革命のコーナーを終わります。




最後まで読んで読んでいただきありがとうございます。

今回の寸劇は、いつものパターンではありません。
座談会で使えるものかどうかわかりませんが、掲載させていただきました。

この寸劇の分量は、おおよそ20文字×130行です。
原稿印刷用に、空白行の少ないテキストデータを準備してあります。

haha_05.jpg

テーマ: 二次創作 | ジャンル: 小説・文学

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。