学会歌_霧の川中島

人馬声なく草も伏す    川中島に霧ふかし

聞こゆるものはさい川の  岸辺を洗うせせらぎぞ


雲か颱風か秋半ば     暁やぶる ときの声

まなじりさきてただ一騎  馬蹄にくだく武田勢


車がかりの奇襲戦     無念や逃す敵の将

川中島に今もなお     その名ぞ残す決戦譜

img360.jpg

≪寸劇係長≫ 本日の寸劇人間革命は、霧の川中島という学会歌のお話です。

うちのばあちゃんが持ってる、学会歌の本にも、載ってるんですね。

有名な川中島の戦いのときに、上杉謙信が「俺がこの手で、信玄を討つ。越後を守るために。」と、一人で敵陣に攻め入ります。

しかし、あと一歩のところで、とうとう信玄を逃してしまう。
無念であった。勝機を逸したのであります。

その、心情を、戸田先生の心情とかさねて、歌ったのが、山本伸一だったのです。


≪ナレーションA≫
それは、あっと息をのむ光景でした。

「夕張炭労事件」、続く「大阪事件」―。

出獄の日から、一ヶ月後。

山本伸一は、戸田城聖とともに夕張支部結成大会に臨んだのであります。

昭和32年1957年8月20日。

夕張支部結成大会終了後、祝賀会での、お話であります。


≪戸田城聖≫ 伸一、歌を、歌いなさい。

≪山本伸一≫ はい。

≪ナレーションA≫ 伸一は、さっと、立ち上がると、会場内の手拍子を制(せい)し、張りのある爽(さわ)やかな声で、歌いはじめたのであります。

≪山本伸一≫

人馬(じんば)声なく草も伏(ふ)す

川中島に霧ふかし

聞こゆるものは さい川の

岸辺(きしべ)を洗う せせらぎぞ


≪ナレーションB≫ 聞きなれぬ歌であった。

胸を打つ音律(おんりつ)であった。

うかれた、宴(うたげ)の雰囲気(ふんいき)は、一変したのであります。


≪山本伸一≫

人馬(じんば)声なく草も伏(ふ)す

川中島に霧ふかし

聞こゆるものは さい川の

岸辺(きしべ)を洗う せせらぎぞ


雲か颱風(はやて)か秋半ば

暁(あかつき)やぶる ときの声

まなじりさきて ただ一騎(いっき)

馬蹄(ばてい)に くだく武田勢(たけだぜい)


車がかりの奇襲戦(きしゅうせん)

無念や逃(のが)す敵の将(しょう)

川中島に今もなお

その名ぞ残す決戦譜(けっせんふ)


≪ナレーションB≫ 歌は「霧の川中島」。

上杉謙信(うえすぎけんしん)がたった一騎、敵陣(てきじん)の真っ只(ただ)中へ乗り込んだ、戦(いくさ)の歌であります。


≪戸田城聖≫ 伸、もう一度だ。

≪ナレーションB≫ 伸一は、いっそう力強く、真剣な表情で歌いだした。


≪山本伸一≫

雲か颱風か秋半ば

暁やぶる ときの声

まなじりさきてただ一騎

馬蹄に くだく武田勢


≪ナレーションB≫ 「まなじり さきて ただ一騎」の一節に、伸一の満身(まんしん)の力がこもった。皆は胸を衝(つ)かれた。

それは、広布に一人立った戸田城聖の姿でもあり、夕張の伸一の戦いでもあった。


≪山本伸一≫

車がかりの奇襲戦

無念や逃す敵の将

川中島に今もなお

その名ぞ残す決戦譜


≪ナレーションB≫ 伸一が、万感の思いを託(たく)すように、「無念や逃す敵の将」と歌った時、戸田の頬(ほお)に、また涙が流れた。

彼は、それを拭(ぬぐ)おうともしなかった。


≪戸田城聖≫ もう一度!

≪ナレーションB≫ 夕張の同志は、峻厳(しゅんげん)な師弟の姿を目(ま)の当たりにしたのであります。


≪戸田城聖≫ これは、夕張の歌です。君たちに、この歌の心がわかるか?

・・・ ・・・

炭労は卑怯(ひきょう)だ!!

戸田がいないのをいいことに、私の大事な弟子をいじめる。私が来ると、出てこようともしない。

どんないいがかりでも、戸田にいってくればよいのだ。私は、絶対に逃げ隠れはせぬ。

会員は私の大切な命だ。

天下の創価学会に理不尽(りふじん)な妨害行為をするとは何事か。


≪ナレーションB≫ 戸田は、仏子をいじめる炭労の横暴に、我慢がならなかった。

罪もない学会員に不当な圧迫を加え、「学会の撲滅」を叫び、「学会との対決」を打ち出した。

彼は、若き闘将(とうしょう)・山本伸一を派遣(はけん)したが、突進する伸一の馬蹄(ばてい)の音を聞くや、炭労は逃げた。

 戸田は討ち逃してしまった悔(くや)しさに、涙したのであります。


≪ナレーションA≫ この「霧の川中島」は、池田先生が「北海道の歌と決めて歌っていきなさい」と提案し、歌い継がれてきましたことは、皆様ご存知のとおりです。

本日は、小説人間革命第12巻・涼風(りょうふう)の章より、「学会歌・霧の川中島」のお話を、黎明地区のオールスターキャストで、お送りいたしました。


以上で、寸劇人間革命のコーナーを終わります。


≪寸劇係長≫ この歌は、誰も知らないだろうと思って、この寸劇人間革命を作ったんですが、実は知ってる人が、いたんです。

≪小学生の時から女子部だった、という副婦人部長の○○子さん≫
私、この歌知ってます。女子部のときに、よく歌ったものです。
当時は、コピーも無いし、CDもカセットも無い時代でしょ。

先輩の歌うのを一生懸命聞いて、全部暗記しました。
こんなに、深い意義があるなんて知らなかったけど、先輩が指揮するのに合わせて歌ったわ。

≪寸劇係長≫ どうでしょう。ここで、歌っていただけないでしょうか。

≪小学生の時から女子部だった、という副婦人部長の○○子さん≫
え! はい。
それじゃあ、歌ってみます。

♪♪ 人馬 声なく 草も伏す ♪♪   川中島に 霧ふかし  ♪♪

♪♪ 聞こゆるものは さい川の ♪♪  岸辺を洗う せせらぎぞ  ♪♪


♪♪ 雲か 颱風か 秋半ば ♪♪    暁やぶる ときの声  ♪♪

♪♪ まなじりさきて ただ一騎 ♪♪  馬蹄にくだく 武田勢  ♪♪


♪♪ 車 がかりの 奇襲戦 ♪♪    無念や逃す 敵の将  ♪♪

♪♪ 川中島に 今もなお ♪♪     その名ぞ残す 決戦譜  ♪♪

≪拍手≫≪拍手≫≪大拍手≫

≪婦人部S子さん≫ うー~ん。しびれるうー~。じ~んときたあー~。





この寸劇人間革命を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

メロディーを歌う必要は無いと思います。歌詞の部分を、朗読するだけで充分だと思います。

歌詞のところは、はっきりと、ゆっくと朗読します。

この寸劇人間革命は、文章(原稿)を見ないで、耳で聞くだけを、想定しています。そのため、同じ歌詞を、わざわざ2回も繰り返し読み上げることにしました。

この寸劇人間革命の分量は、おおよそ、20文字×105行です。

原稿印刷用に、空白行の少ないテキストデータを準備しました。
ぜひ、ご活用ください。

また、女子部・嵐山春子さんのお話を追加したもの。20文字×125行のバージョンも準備しました。
こちらもぜひご活用ください。



関連記事

テーマ: 二次創作 | ジャンル: 小説・文学

夕張支部結成式のお話

あなたの初陣では、ないですか。

『絶対に借りる』という強い一念がないから、会場ひとつ決まらないんです。そんな惰弱な姿勢では、支部の発展もありえないし、魔を打ち破り、同志を幸福にしていくことなどできません。

『広布のために、会場が欲しい』という強い一念があれば、会場はすぐに見つかります。また、やがては、その会場を、あなたのものに、することだって、できるんです。それが仏法です。

三林さん。これからは、あなたが、夕張の同志を守っていかなくてはならないのです。強くなるんです。弱い自分を乗り越えるんです。

さあ、今すぐに行って、会場を見つけなさい。

SBSH1644.jpg


≪ナレーション≫ 北海道は夕張の地に、一粒種(ひとつぶだね)が根を下ろしてからわずか五年。東京から遠く離れた文京支部の一拠点(いちきょてん)であった夕張が、班から地区になり、たちまち千世帯。二千世帯。三千世帯になった。

その広布のうねりは、思いもかけず、炭労問題というかたちで、三障四魔を呼び起こしたのです。

しかし、山本伸一をはじめ、多くの同志の全面的な支援によって、「学会の撲滅(ぼくめつ)」「学会との対決」を迫(せま)る天下の炭労の圧迫を、見事に跳(は)ね返したのであります。

時に、昭和32年・1957年8月19日。
夕張支部、結成大会の、前の日であります。ところが・・・

≪三林支部長≫ 実は、肝心の、明日の会場が、まだ決まっていないのです。体育館、映画館、グランド、さらには畑の空き地まで声をかけましたが、誰も貸してくれません。

そこで、しかたがない。人数はあまり入れませんが、お寺で結成大会をやりたいのですが・・・

≪山本伸一≫ (厳しい声で)とんでもないことです!!
3千世帯を超える夕張支部の結成大会の会場としては、小さすぎます。

会場を貸してもらえないから引き下がり、安易な方向に流れよう、というのですか。夕張で一番大きくて、皆が集まりやすいところを、かならず借りなさい。

あなたの初陣(ういじん)では、ないですか。

『絶対に借りる』という強い一念がないから、会場ひとつ決まらないんです。そんな惰弱(だじゃく)な姿勢では、支部の発展もありえないし、魔を打ち破り、同志を幸福にしていくことなどできません。

『広布のために、会場が欲しい』という強い一念があれば、会場はすぐに見つかります。また、やがては、その会場を、あなたのものに、することだって、できるんです。それが仏法です。

三林さん。これからは、あなたが、夕張の同志を守っていかなくてはならないのです。強くなるんです。弱い自分を乗り越えるんです。

さあ、今すぐに行って、会場を見つけなさい。

≪三林支部長≫ たしかに、そうだ。炭労問題に臨(のぞ)んだときの、山本室長の行動や気迫は、ものすごかった。

それにくらべて、自分の一念は支部長としては、あまりに弱々しいじゃないか。

≪ナレーション≫ 三林支部長は、夢中で部屋を飛び出し、夕張で一番大きな映画館にむかった。午前中に訪れ、すげなく断られたところであります。

≪三林支部長≫ もう一度、お願いに来ました。
どうか、この映画館を明日の午前中、貸してほしいのです。

≪支配人≫ うちはだめだよ。貸せないね。

ソロバンパチパチ。

≪三林支部長≫ どうして学会には貸していただけないのでしょうか。その理由を言ってください。

≪支配人≫ だめなものは、だめだよ。しつこいね、あんたも。

ソロバンパチパチ。

ふぅー。炭労に目を付けられたら、商売あがったりだよ。

ソロバンパチパチ。

≪ナレーション≫ しかし、三林支部長はあきらめなかった。にわかにコンクリートの床の上に正座すると、両手をついて深々と頭を下げたのであります。

≪三林支部長≫ お願いです。ぜひ貸してください。

≪ナレーション≫ 支配人は驚いて椅子から立ち上がった。
借りる、是が非でも俺は借りる。土下座する三林支部長の目から、涙がしたたり、コンクリートの床の上に落ちた。
彼は、無我夢中であった。

≪支配人≫ あんた。三林さん・・・。そんなことしないで。困るよ。困るんだよ。ともかく、ともかく頭を上げてくれよ。

≪三林支部長≫ いえ、お借りできるまでは・・・

≪支配人≫ そんなこと言われてもな。うーん。
わ、わかったよ。貸す、貸すからさ。

≪ナレーション≫ 広布の歴史に大きな意義をとどめる夕張支部結成大会の会場の決定をみたのは、開会のわずか、十数時間前のことであった。

≪戸田城聖≫ 今度の炭労の問題は、天下の、もの笑いであります。評論家も、学会の一方勝ちだ、炭労もずいぶん恥を、かいたものだな、と言っています。

冷静に考えてごらんなさい。組合と学会が衝突(しょうとつ)することなど、本来、何もない。組合は組合であり、信心は信心という別のレールなんです。

ところが、去年の選挙で、夕張から約三千票という票が出て、おどろいてしまった。労働運動と創価学会の信心が、ぶつかったような錯覚(さっかく)に陥(おちい)って騒ぎだした。

しかし、選挙は労働運動ではない。政治運動です。決して、労働運動と信心が、ぶつかったわけではない。もし、錯覚をしている人がいたら、教えてやってください。

ともかく、あなた方は、正しい認識にたって、錯覚している連中の言葉にとらわれることなく、信心一途に幸福な生活を築いてください。

≪ナレーション≫ それから10年ほど後のことであります。三林支部長のもとに、映画館の建物を購入してほしいとの話が、もちこまれました。山本伸一の指導のとおり、本当に自分の所有となったのであります。

 本日は、小説人間革命第12巻・涼風(りょうふう)の章より、「夕張支部結成式のお話」を、黎明地区のオール スター キャストでお送りいたしました。

以上で、寸劇人間革命のコーナーを終わります。

なお、このお話には、続編を準備してございます。
それは、来月の座談会のお楽しみであります。




この寸劇人間革命を最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

「ソロバン、パチパチ」のところは、大真面目に、ゆっくりと、読みます。

この寸劇の分量は、おおよそ、20文字×130行です。
原稿印刷のための、空白行の少ないテキストデータを準備しました。

ぜひ、ご活用ください。

なお、来月の座談会での続編のお話とは、
昨日(2014/6/8)掲載した、「霧の川中島のお話」であります。
関連記事

テーマ: 二次創作 | ジャンル: 小説・文学

Page top