スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『60年安保』のお話し


ただし、政治上の問題であっても、これを許せば、間違いなく民衆が不幸になる。

人類の平和が破壊されてしまう。

と、いった根源の問題であれば、私も発言します。

いや、先頭に立って戦います

sakura08.jpg



≪ナレーションA≫ 時は、昭和35年、1960年の6月。

永田町の国会議事堂周辺は、連日数万人ものデモ隊で埋め尽くされたのであります。
そうです。本日は、『60年安保』のお話しであります。

≪ナレーションB≫ 数を頼りにした自民党は、単独強行採決。

一方、社会党も断固拒否の一点張りでしかなかったのであります。


≪青年 A≫ 新安保条約は、今大きな問題となっておりますが、この際、学会としても統一見解を出すべきではないかと思いますが、どうでしょうか?

≪山本伸一≫ なるほど。それで、君は安保に対しては反対なのか、それとも賛成なのか?

≪青年 A≫ 私は断固反対です。安保は廃棄し、中立の立場に立つべきだと思います。

≪青年 B≫ 私は、全面的に賛成とはいいかねますが、今のところ、やむをえないと思います。

日本は、アメリカの協力なくしては、軍事的にも、経済的にも、独り立ちはできない状況です。

今、安保を廃棄したりすれば、日本はアメリカを敵に回すことになります。

したがって、安保を今の段階で廃棄せよというのは、現実を無視した意見です。


≪青年 A≫ いやいや かくかく しかじか

≪青年 B≫ いやいや しかじか かくかく


≪ナレーションB≫ 主張は二つに分かれて、平行線です。
伸一は、彼らを包むように見回すと、にこやかに語り始めた。


≪山本伸一≫ 青年部の君たちの間でも、これだけ意見が食い違う。

一口に学会員といっても、安保に対する考え方はさまざまだよ。

反対も賛成もいる。

そして、どちらの選択にも一長一短がある。それを、学会としてこうすべきだとは言えません。

私はできる限り、みんなの意見を尊重したい。
大聖人の御書に、安保について説かれているわけではないから、学会にもいろいろな考えがあってよいのではないだろうか。

政治と宗教は次元が違う。

宗教の第一の使命は、一切の基盤となる人間の生命の開拓にある。

宗教団体である学会が、政治上の一つ一つの問題について見解を出すのでなく、学会推薦の参議院議員がいるのだから、その同志を信頼し、どうするかは任せたいと思う。

≪ナレーションB≫ うなずきながら聞いている青年たちに、伸一は、最後に力強く語りかけました。

≪山本伸一≫ ただし、政治上の問題であっても、これを許せば、間違いなく民衆が不幸になる。

人類の平和が破壊されてしまう。

と、いった根源の問題であれば、私も発言します。

いや、先頭に立って戦います。


≪ナレーションB≫ 青年たちの目が、キラリと、光ったのであります。



≪ナレーションA≫ 本日は、『60年安保のお話』を、小説『新・人間革命』第一巻・新世界の章から、旭日地区のオールスターキャストで、お送りいたしました。

以上で、寸劇人間革命のコーナーを終わります。




この寸劇人間革命を最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

この寸劇人間革命の分量は、おおよそ、20文字×80行です。


原稿印刷用に、空白行の少ないテキストデータを準備いたしました。

ぜひ、座談会で、ご活用ください。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 二次創作 | ジャンル: 小説・文学

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。