スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハワイ地区の結成のお話し


あなたを地区部長に任命したのは私です。

あなたが敗れれば、私が敗れたことです。

責任は、すべて私が取ります。

力の限り、存分に戦ってください。


sakura03.jpg




≪山本伸一≫ さあ、ハワイの広宣流布と皆様方のご一家の繁栄と幸せを祈念して、一緒に勤行をしましょう。

≪ナレーションA≫ 時は、昭和35年、1960年10月2日。初めての海外指導の一日目。ハワイのホノルルで開かれた、海外最初の座談会であります。
山本伸一は、がっちりとした体格で、柔和な目をした、三十半(なか)ばと思われる男性に話しかけた。

≪山本伸一≫ 朝から思っていたんですが、あなたはプロレスの力道山にそっくりですね。名前は、なんとおっしゃるんですか?

≪ヒロト・ヒラタ≫ はい、ヒロト・ヒラタです。

≪山本伸一≫ そう。その名前より、力道山の方が覚えやすいね。これから“リキさん”と呼んでいいですか

≪ヒロト・ヒラタ≫ は?はい。

≪山本伸一≫ 奥さんはいらっしゃるの?

≪ヒロト・ヒラタ≫ はい。奥さん。日本の。仙台にいます。後でハワイにきます。

≪山本伸一≫ 奥さんは学会の役職は持っていますか

≪ヒロト・ヒラタ≫ 地区担です。

≪山本伸一≫ そうですか。リキさんは何か役職には、ついていましたか。

≪ヒロト・ヒラタ≫ 日本で組長になりました。

≪ナレーションB≫ リキさんは、日系二世である。ハワイで暮らしていたリキさん親子は、真珠湾攻撃の後、すぐにアメリカ本土の抑留所(よくりゅうしょ)に収容(しゅうよう)。やがて日本との捕虜交換。そして、召集令状が届く。

ハワイ生まれのリキさんは、うまく日本語が話せない。軍隊では何かにつけて目の敵(かたき)にされた。
緊張すると、つい、英語が出てしまう。「敵国語を使うな!」
敬語が正しくつかえない。「その日本語は何だ!俺様をバカにするのか!」
顔の形が変わるほど殴(なぐ)られた。

日本は、両親の祖国である。しかしアメリカは、リキさんの祖国である。戦争が人間を引き裂(さ)き、更に彼の心をズタズタに引き裂いたのです。

≪山本伸一≫ 今日、私はこのハワイに地区を結成したいと思っていますが、皆さん、いかがですか!
ハワイは世界の広宣流布の大事な要衝(ようしょう)の地です。また今回、世界への平和旅の第一歩が印(しる)された、広布の歴史に永遠の輝きを放つ場所となります。
ですから、未来のためにも、あえて、ここに地区を作っておきたいのです。

≪ナレーションA≫ 一瞬。誰もがキョトンとしていた。そして、歓声があがった。

≪山本伸一≫ 地区部長は、リキさんにやってもらおうと思いますが、いかがでしょうか。

≪ヒロト・ヒラタ≫ 私が地区部長ですか。私は信心のことはよくわからない……

≪山本伸一≫ そうです。あなたに地区部長をお願いします。今は何もわからなくても、これから一つ一つ覚えていけばいいんです。まず、何よりも、この地区の人たちを幸せにするんだという、強い一念をもつことです。また、みんなの相談相手になり、どうすれば全員の力が引き出せるのかを考えてください。

これからは、あなたが真剣に祈り、動いた分だけ、ハワイは発展します。また、それが全部あなたの功徳と福運に変わります。
力道山といえば、世界一強いレスラーです。リキさんも負けないで、世界一強い、立派な地区をつくってください。

≪ヒロト・ヒラタ≫ はい。がんばります。

≪ナレーションA≫ 座談会終了後も友との語らいが続いた。特に、地区部長になったリキさんには、深夜まで時間を割(さ)いて、指導にあたったのであります。

≪山本伸一≫ リキさん。社会的な信頼をえるために、まず大切なのは、仕事で成功することです。それがいっさいの基盤になる。そのために、人一倍、努力するのはとうぜんです。
そして、題目を唱え抜いて、智恵をはたらかせていくんです。

広宣流布をわが人生の目的とし、そのために実証を示そうと、仕事の成功を祈る時に、おのずから勝利の道、福運の道が開かれていきます。

≪ナレーションA≫ リキさんは瞳(ひとみ)を、輝かせ、真剣に耳を傾けていた。

≪山本伸一≫ これからの人生は、地区部長として、私とともに、みんなの幸せのために生きてください。

社会の人は、自分や家族の幸せを考えて生きるだけで精いっぱいです。その中で自ら多くの悩みを抱(かか)えながら、友のため、法のため、広布のために生きることは、確かに大変なことといえます。しかし、実は、みんなのために悩み、祈り、戦っていること自体が、既に自分の境涯を乗り越え、偉大なる人間革命の突破口を開いている証拠(しょうこ)なんです。

また、組織というのは、中心者の一念で、どのようにも変わっていきます。常にみんなのために戦うリーダーには、人は付いてきます。しかし、目的が自分の名聞名利(みょうもんみょうり)であれば、いつか人びとはその本質を見抜き、付いてこなくなります。

≪ナレーションA≫ リキさんには、乾(かわ)いた砂が水を吸い込むような、純粋な求道の息吹(いぶき)があった。
伸一は、彼の手を握(にぎ)りながら言った。

≪山本伸一≫ あなたを地区部長に任命したのは私です。
あなたが敗(やぶ)れれば、私が敗れたことです。責任は、すべて私が取ります。力の限り、存分に戦ってください。

≪ヒロト・ヒラタ≫ はい!戦います。

≪ナレーションA≫ リキさんは伸一の手を固く握り返した。月明かりの中で二人の目と目が光ったのであります。

 本日は、小説・新人間革命第一巻「旭日」の章より、「ハワイ地区の結成」と題しまして、旭日地区のオールスターキャストでお送りいたしました。
 以上で、寸劇人間革命のコーナーを終わります。



この寸劇人間革命を最後まで読んでくださってありがとうございます。
この寸劇人間革命の分量は、おおよそ、20文字×130行です。

頑張れ地区部長シリーズとして作成しました。

原稿印刷のために、空白行の少ないテキストデータを準備しました。
たのしく有意義な座談会にぜひ御活用ください。

151202_1.jpg



関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 二次創作 | ジャンル: 小説・文学

ネバダ地区結成のお話

私はその言葉を聞き、戸田先生の世界広布を願う心に触れた思いでした。
山本先生は、会長に就任されて、まだ五ヶ月しかたっていないのに、こうしてアメリカにおいでくださいました。
それは世界広布を願う、戸田先生の精神の実践にほかならないと思います。

ご主人のジョージ・オリバーさんは、日系人以外の初めての地区部長です。
創価学会が世界宗教であることを証明する第一号の地区部長となります。
アメリカ広布の模範となる活動をお願いします。

sakura06.jpg



≪ナレーションA≫ 時は昭和35年、1960年10月4日。初の海外指導の3日目のエピソードであります。
サンフランシスコの会員宅では、地元地区の結成に向けての打ち合わせが行なわれていたのです。

≪ナレーションB≫ すると、隣の部屋から、勤行の声が響いてきた。そこでは30歳前後のアメリカ人の男性を中心に数名のメンバーが勤行をしていた。導師の男性の発音は、実に正確で、朗々(ろうろう)とした勤行だったのです。

≪山本伸一≫ お名前は、なんとおっしゃいますか。

≪ジョージ・オリバー≫ (両手を広げ)スミマセーン

≪ヤスコ・オリバー≫ すいません、主人は日本語がよくわからないものですから……。
主人の名前はジョージ・オリバーと申します。
私は妻のヤスコです。

≪山本伸一≫ どちらから、いらっしゃったんですか。

≪ヤスコ・オリバー≫ はい、ネバダ州のリノから来ました。

≪山本伸一≫ どうも、遠くからご苦労さまです。何時間かかりましたか。

≪ヤスコ・オリバー≫ 車で五時間ほどかかりました。

≪山本伸一≫ そう。大変でしたね。それじゃあ、遅くなるといけないから、座談会が終わったら、すぐにお帰りになってください。

≪ジョージ・オリバー≫ ドウモアリガトウゴザイマース

≪ナレーションB≫ ジョージ・オリバーは続けて英語で語り始めた。それを同行メンバーが通訳したのです。

≪ジョージ・オリバー≫ 私たちは、アメリカに帰るべきか、日本に残るべきか、戸田先生に指導を受けたことがあります。

≪戸田城聖≫ 仏法は世界に広宣流布されなければならないのだから、アメリカに帰ってがんばりなさい。

≪ジョージ・オリバー≫ 私はその言葉を聞き、戸田先生の世界広布を願う心に触(ふ)れた思いでした。山本先生は、会長に就任されて、まだ五ヶ月しかたっていないのに、こうしてアメリカにおいでくださいました。
それは世界広布を願う、戸田先生の精神の実践にほかならないと思います。

私は、戸田先生が亡くなられてから、学会はどうなってしまうのか、不安に思っていました。しかし、こうして山本先生にお会いし、学会は若々しい山本先生とともに、限りない未来に向かって、新しい出発をしたことを感じました。

≪ナレーションB≫ 山本伸一は、ジョージ・オリバーの話を聞きながら、ネバダにも地区を結成し、この夫婦を、地区部長と地区担当員に任命すべきではないかと思った。

≪山本伸一≫ ネバダには、ほとんど会員はいない。
そこに、アメリカ人の地区部長は、大きな賭(か)けだ。
しかし、種を植えなければ芽はでない。
やがて、世界中に日本人でないリーダーが必要だ。
組織といっても人で決まる。
中心者が一人立てば、すべては、そこから開ける。
彼なら、できる。よし!

≪ナレーションB≫ 瞬時のうちに、伸一の頭脳は、めまぐるしく回転した。

≪山本伸一≫ ネバダにも地区を結成します!

≪ナレーションB≫ たとえ瞬時(しゅんじ)に下された決断であっても、広宣流布のために、一念に億劫(おくごう)の辛労(しんろう)を、尽(つ)くしての熟慮(じゅくりょ)があった。世界の広宣流布は、伸一の胸中(きょうちゅう)に鼓動(こどう)していたのであります。 

≪ナレーションA≫ その夜の座談会では、サンフランシスコ地区の結成が発表された。そしてネバダにも、地区を結成することが、告げられた。参加者からは、驚きの声が漏(も)れたのであります。

≪山本伸一≫ ネバダ地区の地区部長にはジョージ・オリバーさんが、地区担当員にはヤスコ・オリバーさんが就任いたします。ネバダにはオリバー夫妻のほかには、お二人が弘教した二、三人のメンバーしかおりませんが、あえて地区を作ります。

≪全座談会参加者≫ オー??

≪山本伸一≫ 皆さんは、会員もほとんどいないネバダに、なぜ地区を作るのかと思われるかもしれませんが、それは未来への布石なのです。
学会を一つの果樹園にたとえれば、ちょううど、果樹にあたるのが地区であり、果実(かじつ)が皆さん方です。果樹がなければ、果実は実らない。果樹にすべてはかかっています。創価学会といっても、その本当の母体は一つ一つの地区であり、地区の姿それ自体が学会なんです。

ネバダは、広く大きい州であり、未来の限りない可能性を秘めた天地です。ゆえに、まだ地区部長と地区担以外に、メンバーは二、三人しかいませんが、三年後、五年後、十年後のために地区を結成したのです。
これからオリバーさんご夫妻には、大変なご苦労をおかけすることになると思いますが、戸田先生も牢獄(ろうごく)から出られて、ただ一人、広宣流布に立たれた。それからわずか十五年で、学会は百数十万世帯にまで発展したのです。

オリバーさんご夫妻も、ネバダの大地に法旗を掲(かか)げて決然と立ってください。
特に、ご主人のジョージ・オリバーさんは、日系人以外の初めての地区部長です。創価学会が世界宗教であることを証明する第一号の地区部長となります。アメリカ広布の模範(もはん)となる活動をお願いします。

≪オリバー夫妻≫ (2人で) はい、がんばります!!

≪ナレーションA≫ 元気な、すがすがしい声の響きのする返事であった。
また一つ広布の種が植えられた。参加者は皆、新しい時代の到来を感じていたのであります。

本日は、小説・新人間革命・第一巻「新世界」の章より、「ネバダ地区結成のお話」を、旭日地区のオールスターキャストで、お送りいたしました。
以上で、寸劇人間革命のコーナーを終わります。



この寸劇人間革命を最後まで読んでいただきありがとうございます。
この寸劇人間革命の分量はおおよそ20文字×135行です。
原稿印刷用に空白行の少ないテキストデータを準備しました。楽しく有意義な座談会にぜひ御活用ください。

20151230.jpg

内容はまったく同じですが、少し長い(20文字×150行)のテキストデータも準備しました。
こちらも、ぜひ御活用ください。

実際に座談会でやってみて、少し修正しました。20160212

関連記事

テーマ: 二次創作 | ジャンル: 小説・文学

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。