スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三月一六日のお話し。四つのエピソード組み合わせで、八個の寸劇。


広宣流布なされれば、首相をはじめ各界の指導者が、この仏法を信奉して、世界の平和と繁栄を祈念する日がやってくる。

いや、その時代を、青年の手で、必ず作っていくのだ。


創価学会は、宗教界の王者であります。何も恐れるものなどない。

諸君は、その後継者であるとの自覚を忘れることなく、広宣流布の誉れの法戦に、花の若武者として勇敢に戦い進んでもらいたい。


P1010486_2.jpg




 【1】豚汁のお話+車駕のお話+岸総理のお話+式典のお話 4部構成 20文字×310行

≪ナレーション≫ 時は昭和33年、西暦1958年の3月、一日7000人一ヶ月で20万人の大講堂落慶総登山の、まっ最中であります。

そこに、時の首相、岸信介(きしのぶすけ)から、3月16日の日曜日に総本山に参詣したいとの、連絡が入ったのであります。そうです。本日は、「広宣流布記念の日」3月16日の、お話であります。

≪戸田城聖≫ よい機会だ。この日に、青年部を登山させようじゃないか。そして将来のために広宣流布の模擬試験、予行演習となる式典を、しようじゃないか。

広宣流布なされれば、首相をはじめ各界の指導者が、この仏法を信奉して、世界の平和と繁栄を祈念する日がやってくる。いや、その時代を、青年の手で、必ず作っていくのだ。

伸一、僕はこの3月16日の式典を、広布の後継と責任を、君たちに託す儀式にしようと思っているのだよ。この式典の全責任は君がもつのだ。思い通りに、力いっぱいやりたまえ。

≪山本伸一・参謀室長≫ はい、見事な後継の、誓いの集いに、いたします。

≪ナレーション≫ こうして、山本伸一を中心に、式典の準備は、直ちに進められていきました。
「16日に、青年部の登山が行なわれる。この日は首相を迎え、広宣流布の模擬試験を行なう」この連絡は、またたくま   に、組織の隅々までいきわたったのであります。

そして、師匠の戸田は、愛する弟子たちのために、すでに一つのアイデアを計画していたのであります。

≪板見弘次・蒲田支部幹事≫ 戸田先生、昨日の大講堂落慶法要まことに、おめでとうございます。

≪戸田城聖≫ おう、よく来た。待っていたのだ。じつは、君に頼みたいことがあったのだよ。じつは岸首相が、総本山に来ることになっている。その時は、青年部を登山させ、総理を迎えようと思っているんだが、朝早くから、寒い中、青年たちが、腹をすかせて、やって来るに違いない。

そこでだ、この青年たちに何か温かいものを食べさせてやりたい。いろいろ考えてみたが、豚汁が、一番いいのではないかと思う。湯気のたつ豚汁は体も温まるし、栄養にもなるからな。ひとつ君が中心になって、この豚汁づくりをやってもらいたいのだ。できるだろうかね。

≪板見弘次≫ はぁ??はい。かしこまりました。
やらせていただきます。そうしますと、結集の人数は、いかほどになりますでしょうか。

≪戸田城聖≫ 五、六千人だろうな。

≪板見弘次≫ ろ、ろ、六千人分の豚汁!!んんー、一人、1合(ごう)としても、んんー、6石(こく)ですな。役員も50人くらいは……
(1合=0.18ℓ 6石=1080ℓ)

≪戸田城聖≫ いや、こうした作業は、少数精鋭でやった方が、はかどるだろう、10人もいれば十分だ。豚は2、3頭もあればいいだろう。それで足りなければ、食べられるものなら何でもかんでも、入れればいいじゃないか。
はぁ、はぁ、はぁ。
腹が減っては、戦はできん。いかなる戦いでも、これが鉄則だよ。

≪板見弘次≫ はい、かしこまりました。役員は蒲田支部から十人。えーと、あーでもない。こーでもない。かまどはドラム缶にディーゼルバーナーを取り付けたやつを四基、大がま四つ、小ビャクシ30、大ビャクシ2本、大しゃもじが、1つ。

あーでもない。こーでもない、豚が3頭、にんじん10貫、ごぼう15貫、長ネギ15貫、ジャガイモ60貫、野菜100貫、味噌は四斗樽(だる)1つ。
(1貫=3.75Kg 四斗樽=74ℓ)

≪戸田城聖≫ 参加者には、「はし」と「わん」を持ってくるように徹底するのだ。ただし、弁当は各自が持参するんだよ。そこまで面倒は、見れんからな。
はぁ、はぁ、はぁ。

≪ナレーション≫ 一方、弟子の山本伸一は、師匠のために、ひとり、心を痛めていたのであります。それは戸田の体の衰弱でありました。

≪山本伸一≫ 戸田先生の気迫は、決して変わることはない。しかし歩行は、日を追って困難になってきている。なんとしても、師匠の体の負担を少しでも、減らしたい。

≪ナレーション≫ 山本伸一は、戸田が乗るための、車駕(しゃが)の作成を澤田良一に依頼したのであります。

≪山本伸一≫ 16日の式典の時に、車駕(しゃが)を用意して、そこに戸田先生に乗っていただいて、青年たちで、担ごうと思っているんだ。

≪澤田良一・輸送責任者≫ わかりました。それでは、どのようなものを、作ればよろしいのでしょうか。

≪山本伸一≫ 戸田先生のお体の具合がとても、心配だ。ともかく、戸田先生がお疲れにならないように。一切は、澤田君に任せるから、よくよく、工夫して欲しい。(二人の会話ここまで)

≪澤田良一≫ これは、真剣に、考えねば。どうすればいいだろう、あーでもない、こーでもない。そうだ車駕に、肘掛(ひじか)け椅子をのせよう。こうすれば戸田先生がゆったりとすわって、足を伸ばすこともできるぞ。材料はヒノキだ。手すりを回せば、いいものができそうだ。
あーでもない、こーでもない。図面、図面。よし、よし。鉛筆、なめなめ。よしこれでいこう。

≪澤田良一≫ 参謀室長、車駕ができました。今、理境坊(りきょうぼう)の中庭に運びました。

≪山本伸一≫ ありがとう。がっしりして立派にできたね。これなら、戸田先生のお体に、負担をかけなくてすむ。澤田君、制作費は?

≪澤田良一≫ それが、じつは、四万円もかかって、しまいました。

≪山本伸一≫ それは、心配しなくていい。私が払う。

≪ナレーション≫ 伸一は財布をはたいて、自分ひとりで全額を支払ったのであります。
(当時は国家公務員の初任給が1万円弱)

それから伸一は理境坊の2階に行って、戸田に報告した。

≪山本伸一≫ 明日の式典で、先生にお乗りいただこうと、車駕を作りました。御覧いただければと思います。

≪戸田城聖≫ おう、ん。……。
大きすぎる。これでは戦闘の役にはたたぬ!

≪側近幹部≫ ほんとうに大きいですね。
これじゃあ、まるで角館の祭りの山車(だし)ですね(笑い)

≪澤田良一≫ しまったー、どうしようー。あの形も大きさも、私が考えたものだ、責任は私にあるのに、参謀しつちょうー(泣く)

≪山本伸一≫ 大丈夫だよ、澤田君。戸田先生は、かならず乗ってくださる。弟子が真心をこめてつくったのだもの。
戸田先生は、こうした一つひとつの事柄を通して、私たちを真剣に訓練して下さっているんだよ。
ありがたいことじゃないか。今のお叱りの言葉も、先生の御慈愛なんだ。
その先生が私たちの真心に、お応えくださらないわけがないじゃないか。
なにも、心配はいらないよ。

≪ナレーション≫ 16日、午前3時過ぎから、青年たちを乗せたバスが、次々と到着した。彼らを、待っていたのは、あの豚汁でありました。その時初めて「『はし』と『わん』を持ってくるように」と、徹底された、理由が、わかったのであります。

ことに、それが、戸田先生の心尽くしの、ご馳走であると知ると、師匠の真心に、熱いものが、込み上げるのを、覚えたのであります。

午前10時。岸首相の歓迎にための、すべての準備は整った。あとは首相一行の到着を待つばかりであります。
しかし、……


≪戸田城聖≫ もしもし、戸田ですが、どなたでしょうか?

≪岸信介≫ 首相の、岸信介です。実は戸田さん。まことに申し訳ない。家族と箱根まで来ておるのですが、エート、そうそう、外交上の問題が発生しまして急遽、東京に戻らねばならなくなってしまったのですよ。

≪戸田城聖≫ なに!なんですと!!

≪岸信介≫ まことに申し訳ないが、そんなわけで、私は、これから東京に引き返さなければならんのです。

≪戸田城聖≫ 岸くん。あなたの来るのを六千人の青年が、前々から準備をして、待っているのですぞ!!
青年を騙(だま)すことに、なるではないか!!

≪岸信介≫ 済まないことをしました。戸田さんには、くれぐれもお詫(わ)びします。

≪戸田城聖≫ 私に詫びよと、いっているのではない!!詫びるのは、青年たちにだ!!

≪岸信介≫ その通りです。戸田さんの方から、くれぐれも宜しくいってください。わたしはいけないが、そのかわり家内と娘、それから婿で私の秘書を伺わせます。どうかひとつ宜しくお願いいたします。

≪ナレーション≫ 戸田城聖と岸信介との交友が始まったのは、二、三年ほど前のことであった。 もとより、二人は思想も信条も異なっていた。しかし、これからの日本をどうするかという、建設の意気と気概は共通しており、互いに響きあうものがあった。

政治の世界にあって、権謀術数(けんぼうじゅっすう)を駆使することを余儀なくされてきたであろう岸が、いかなる意図をもって、戸田と接触したかは知る由(よし)もない。しかし戸田は一人の人間として、誠実をもって、岸に対したのであります。

≪戸田城聖≫ 首相は参列しなくとも、今日は予定どおり堂々たる、式典を開催し、盛大に、代理で来る家族を歓迎しようじゃないか。この式典を「広宣流布を記念する模擬的な儀式」とすることには、いささかも変わりはない。

私は、今日参加した青年を、この戸田の後継者と思い、広宣流布のいっさいを託す式典にするつもりでいる。首相がこないのだから、私が全力で、皆を激励したい。

≪ナレーション≫ 正午前、車が到着した。岸首相の姿はなく、代理で訪れた首相夫人と娘、そして婿の安部晋太郎が降り立ったのであります。

そのころ、戸田城聖は、山本伸一に手を取られて、理境坊の玄関に降り立った。そこには、周囲を白い布で巻いた、車駕が、置かれていたのであります。

≪戸田城聖≫ 大きすぎて、実戦には向かぬ。戦いにならんぞ!!

≪山本伸一≫ 先生、よくわかりました。申し訳ございません。しかし、この車駕は弟子が真心で作ったものです。どうかお乗りください。

≪ナレーション≫ 自らの命の燃え尽きんとするまで、戦いの極意と闘将の気迫を身をもって教え伝えようとする師匠の厳愛。その師匠の体を気遣い、いたわろうとする弟子の真心。それは、師匠と弟子の、熱い生命のドラマでありました。

戸田は、伸一を見てにっこり、うなずくと、弟子たちに体を預け、車駕の中央に固定された、肘掛け椅子に座った。車駕は静かに、ゆっくりと参道を進みはじめました。車駕には山本伸一がぴったりと、付き添ったのであります。

「戸田先生だ!戸田先生だ!」青年たちの歓声が、潮騒のように広がっていった。戸田は青年たちに、心の中で静かに語りかけたのであります。

≪戸田城聖≫ みんな、みんな、よくやって来たな。私は君たちに会えて幸せだ。よく、育った。ほんとうによく育ってくれた。君たちとこうして会えるのも、これが最後だろう。私がいなくなったあとは、君たちがやるのだ。広宣流布を頼むぞ!

≪ナレーション≫ 12時40分。式典は開会となった。
司会は、山本伸一であります。


≪安部晋太郎≫ 義父(ちち)は、昨夜も、皆様方とお会いして祖国の再建について是非とも語り合いたいと申しておりましたが、実現できず、非常に残念でなりません。
義父の、次の機会の参詣をお約束申しあげ、私たち一同のお詫びの言葉にかえさせていただく次第でございます。ありがとうございました。

≪戸田城聖≫ 岸総理が「一日の法要には行けない」とい言うから「そのあとはどうだ」と言ったら、「十六日なら行ける」というので、楽しみにしておったのです。
ところが、どうしてもということで東京に帰ることになった。これは仕方がないでしょう。

一国の総理といっても月給は安いものだ。それでこき使われることは、ずいぶんこき使われるらしい。大変な商売ですよ。そうしたなかで、お嬢さんご夫妻と奥様をさしむけられた。その誠意というものを、私は心から嬉しく思い、感謝しています。

私は岸先生が総理だから偉いと思った覚えはありません。立場でなく、人間としてお付き合いしてきた。これからもそうです。それが友人としての真心です。

妙法のもとには、皆、平等です。そして、個人も、国家も、幸せと繁栄を得るには正法を根幹とする以外にない。ゆえにわれわれには、広宣流布を断じてなさねばならぬ使命がある。それを今日、私は君たち青年に託しておきたい。未来は君たちに任せる。頼むぞ広宣流布を!!

創価学会は、宗教界の王者であります。何も恐れるものなどない。諸君は、その後継者であるとの自覚を忘れることなく、広宣流布の誉れの法戦に、花の若武者として勇敢に戦い進んでもらいたい。

≪ナレーション≫ 「創価学会は、宗教界の王者である」との言葉は、戸田の生涯をかけた広宣流布の、勝利の大宣言にほかならなかったので、あります。

戸田は青年たちを見つめながら、心のなかで叫びました。

≪戸田城聖≫ 牧口先生、広宣流布の万代の基盤を作り上げ、あとは、我が愛弟子に託しました。妙法広布の松明が、東洋へ、世界へと、燃え広がる日も、もはや遠くは、ございません。

≪山本伸一≫ 先生、青年の陣列がみごと、そろいました。広宣流布は必ず、われら弟子の手でいたします!どうかご安心ください。

≪ナレーション≫ このお話は、戸田先生の逝去の、4月2日の、直前の出来事であり、そしてこの3月16日が、のちに、「広宣流布記念の日」となり、広宣流布を永遠不滅ならしめる、弟子たちの新たな誓いの日となったことは、皆様ご存知のとおりです。

本日は、小説「人間革命・第12巻」「後継」の章、から「広宣流布記念の日・3月16日のお話」を、黎明地区のオールスターキャストでお送りいたしました。

以上で寸劇人間革命のコーナーを、終わります。

Daidou_01.jpg


長い寸劇人間革命を、最後まで読んでいただきありがとうございます。
この寸劇人間革命の分量はおおよそ、20文字×310行です。

今まで作った寸劇人間革命の中から、「3月16日・広宣流布の日」のお話をまとめてみました。

お話しは、4つのエピソードからできています。
1)豚汁のお話し。
2)車駕のお話し
3)岸総理のお話し
4)式典のお話し

このエピソードの組み合わせを、4個作りました。
さらに、それぞれ、長いバージョンと、コンパクトなものを準備しました。
そんなわけで、8個の寸劇があります。

以前に掲載したものに、多少、手直しをしました。
首相の名前など、訂正しています。

改めて見直してみるとまだまだ下手だなあと思います。
STBに押されておりますが、これからも挑戦していきます。よろしくお願いします。

印刷用の空白行の少ないテキストデータを掲載します。
楽しく、有意義な座談会に、ご活用ください。

【1】豚汁のお話+車駕のお話+岸総理のお話+式典のお話 4部構成(今回のブログ掲載のもの)
20文字×315行

【2】豚汁のお話+車駕のお話+岸総理のお話+式典のお話 4部構成のコンパクト 
20文字×195行

【3】豚汁のお話+車駕のお話+式典のお話 3部構成
20文字×255行

【4】豚汁のお話+車駕のお話+式典のお話 3部構成のコンパクト 
20文字×155行

【5】車駕のお話+岸総理のお話+式典のお話 3部構成
20文字×255行

【6】車駕のお話+岸総理のお話+式典のお話 3部構成のコンパクト 
20文字×145行

【7】車駕のお話+式典のお話 2部構成 
20文字×190行

【8】車駕のお話+式典のお話 2部構成のコンパクト
20文字×120行






img067.jpg


【1】豚汁のお話+車駕のお話+岸総理のお話+式典のお話 4部構成 20文字×315行

≪ナレーション≫ 時は昭和33年、西暦1958年の3月、一日7000人一ヶ月で20万人の大講堂落慶総登山の、まっ最中であります。
そこに、時の首相、岸信介(きしのぶすけ)から、3月16日の日曜日に総本山に参詣したいとの、連絡が入ったのであります。そうです。本日は、「広宣流布記念の日」3月16日の、お話であります。
≪戸田城聖≫ よい機会だ。この日に、青年部を登山させようじゃないか。そして将来のために広宣流布の模擬試験、予行演習となる式典を、しようじゃないか。
広宣流布なされれば、首相をはじめ各界の指導者が、この仏法を信奉して、世界の平和と繁栄を祈念する日がやってくる。いや、その時代を、青年の手で、必ず作っていくのだ。
伸一、僕はこの3月16日の式典を、広布の後継と責任を、君たちに託す儀式にしようと思っているのだよ。この式典の全責任は君がもつのだ。思い通りに、力いっぱいやりたまえ。
≪山本伸一・参謀室長≫ はい、見事な後継の、誓いの集いに、いたします。
≪ナレーション≫ こうして、山本伸一を中心に、式典の準備は、直ちに進められていきました。
「16日に、青年部の登山が行なわれる。この日は首相を迎え、広宣流布の模擬試験を行なう」この連絡は、またたくまに、組織の隅々までいきわたったのであります。
そして、師匠の戸田は、愛する弟子たちのために、すでに一つのアイデアを計画していたのであります。
≪板見弘次・蒲田支部幹事≫ 戸田先生、昨日の大講堂落慶法要まことに、おめでとうございます。
≪戸田城聖≫ おう、よく来た。待っていたのだ。じつは、君に頼みたいことがあったのだよ。じつは岸首相が、総本山に来ることになっている。その時は、青年部を登山させ、総理を迎えようと思っているんだが、朝早くから、寒い中、青年たちが、腹をすかせて、やって来るに違いない。そこでだ、この青年たちに何か温かいものを食べさせてやりたい。いろいろ考えてみたが、豚汁が、一番いいのではないかと思う。湯気のたつ豚汁は体も温まるし、栄養にもなるからな。ひとつ君が中心になって、この豚汁づくりをやってもらいたいのだ。できるだろうかね。
≪板見弘次≫ はぁ??はい。かしこまりました。
やらせていただきます。そうしますと、結集の人数は、いかほどになりますでしょうか。
≪戸田城聖≫ 五、六千人だろうな。
≪板見弘次≫ ろ、ろ、六千人分の豚汁!!んんー、一人、1合(ごう)としても、んんー、6石(こく)ですな。役員も50人くらいは……
(1合=0.18ℓ 6石=1080ℓ)
≪戸田城聖≫ いや、こうした作業は、少数精鋭でやった方が、はかどるだろう、10人もいれば十分だ。豚は2、3頭もあればいいだろう。それで足りなければ、食べられるものなら何でもかんでも、入れればいいじゃないか。
はぁ、はぁ、はぁ。
腹が減っては、戦はできん。いかなる戦いでも、これが鉄則だよ。
≪板見弘次≫ はい、かしこまりました。役員は蒲田支部から十人。えーと、あーでもない。こーでもない。かまどはドラム缶にディーゼルバーナーを取り付けたやつを四基、大がま四つ、小ビャクシ30、大ビャクシ2本、大しゃもじが、1つ。
あーでもない。こーでもない、豚が3頭、にんじん10貫、ごぼう15貫、長ネギ15貫、ジャガイモ60貫、野菜100貫、味噌は四斗樽(だる)1つ。
(1貫=3.75Kg 四斗樽=74ℓ)
≪戸田城聖≫ 参加者には、「はし」と「わん」を持ってくるように徹底するのだ。ただし、弁当は各自が持参するんだよ。そこまで面倒は、見れんからな。はぁ、はぁ、はぁ。
≪ナレーション≫ 一方、弟子の山本伸一は、師匠のために、ひとり、心を痛めていたのであります。それは戸田の体の衰弱でありました。
≪山本伸一≫ 戸田先生の気迫は、決して変わることはない。しかし歩行は、日を追って困難になってきている。なんとしても、師匠の体の負担を少しでも、減らしたい。
≪ナレーション≫ 山本伸一は、戸田が乗るための、車駕(しゃが)の作成を澤田良一に依頼したのであります。
≪山本伸一≫ 16日の式典の時に、車駕(しゃが)を用意して、そこに戸田先生に乗っていただいて、青年たちで、担ごうと思っているんだ。
≪澤田良一・輸送責任者≫ わかりました。それでは、どのようなものを、作ればよろしいのでしょうか。
≪山本伸一≫ 戸田先生のお体の具合がとても、心配だ。ともかく、戸田先生がお疲れにならないように。一切は、澤田君に任せるから、よくよく、工夫して欲しい。(二人の会話ここまで)
≪澤田良一≫ これは、真剣に、考えねば。どうすればいいだろう、あーでもない、こーでもない。そうだ車駕に、肘掛(ひじか)け椅子をのせよう。こうすれば戸田先生がゆったりとすわって、足を伸ばすこともできるぞ。材料はヒノキだ。手すりを回せば、いいものができそうだ。
あーでもない、こーでもない。図面、図面。よし、よし。鉛筆、なめなめ。よしこれでいこう。
≪澤田良一≫ 参謀室長、車駕ができました。今、理境坊(りきょうぼう)の中庭に運びました。
≪山本伸一≫ ありがとう。がっしりして立派にできたね。これなら、戸田先生のお体に、負担をかけなくてすむ。澤田君、制作費は?
≪澤田良一≫ それが、じつは、四万円もかかって、しまいました。
≪山本伸一≫ それは、心配しなくていい。私が払う。
≪ナレーション≫ 伸一は財布をはたいて、自分ひとりで全額を支払ったのであります。
(当時は国家公務員の初任給が1万円弱)
それから伸一は理境坊の2階に行って、戸田に報告した。
≪山本伸一≫ 明日の式典で、先生にお乗りいただこうと、車駕を作りました。御覧いただければと思います。
≪戸田城聖≫ おう、ん。……。
大きすぎる。これでは戦闘の役にはたたぬ!
≪側近幹部≫ ほんとうに大きいですね。
これじゃあ、まるで角館の祭りの山車(だし)ですね(笑い)
≪澤田良一≫ しまったー、どうしようー。あの形も大きさも、私が考えたものだ、責任は私にあるのに、参謀しつちょうー(泣く)
≪山本伸一≫ 大丈夫だよ、澤田君。戸田先生は、かならず乗ってくださる。弟子が真心をこめてつくったのだもの。
戸田先生は、こうした一つひとつの事柄を通して、私たちを真剣に訓練して下さっているんだよ。
ありがたいことじゃないか。今のお叱りの言葉も、先生の御慈愛なんだ。
その先生が私たちの真心に、お応えくださらないわけがないじゃないか。なにも、心配はいらないよ。
≪ナレーション≫ 16日、午前3時過ぎから、青年たちを乗せたバスが、次々と到着した。彼らを、待っていたのは、あの豚汁でありました。その時初めて「『はし』と『わん』を持ってくるように」と、徹底された、理由が、わかったのであります。ことに、それが、戸田先生の心尽くしの、ご馳走であると知ると、師匠の真心に、熱いものが、込み上げるのを、覚えたのであります。
午前10時。岸首相の歓迎にための、すべての準備は整った。あとは首相一行の到着を待つばかりであります。
しかし、……
≪戸田城聖≫ もしもし、戸田ですが、どなたでしょうか?
≪岸信介≫ 首相の、岸信介です。実は戸田さん。まことに申し訳ない。家族と箱根まで来ておるのですが、エート、そうそう、外交上の問題が発生しまして急遽、東京に戻らねばならなくなってしまったのですよ。
≪戸田城聖≫ なに!なんですと!!
≪岸信介≫ まことに申し訳ないが、そんなわけで、私は、これから東京に引き返さなければならんのです。
≪戸田城聖≫ 岸くん。あなたの来るのを六千人の青年が、前々から準備をして、待っているのですぞ!!
青年を騙(だま)すことに、なるではないか!!
≪岸信介≫ 済まないことをしました。戸田さんには、くれぐれもお詫(わ)びします。
≪戸田城聖≫ 私に詫びよと、いっているのではない!!詫びるのは、青年たちにだ!!
≪岸信介≫ その通りです。戸田さんの方から、くれぐれも宜しくいってください。わたしはいけないが、そのかわり家内と娘、それから婿で私の秘書を伺わせます。どうかひとつ宜しくお願いいたします。
≪ナレーション≫ 戸田城聖と岸信介との交友が始まったのは、二、三年ほど前のことであった。 もとより、二人は思想も信条も異なっていた。しかし、これからの日本をどうするかという、建設の意気と気概は共通しており、互いに響きあうものがあった。
政治の世界にあって、権謀術数(けんぼうじゅっすう)を駆使することを余儀なくされてきたであろう岸が、いかなる意図をもって、戸田と接触したかは知る由(よし)もない。しかし戸田は一人の人間として、誠実をもって、岸に対したのであります。
≪戸田城聖≫ 首相は参列しなくとも、今日は予定どおり堂々たる、式典を開催し、盛大に、代理で来る家族を歓迎しようじゃないか。この式典を「広宣流布を記念する模擬的な儀式」とすることには、いささかも変わりはない。私は、今日参加した青年を、この戸田の後継者と思い、広宣流布のいっさいを託す式典にするつもりでいる。首相がこないのだから、私が全力で、皆を激励したい。
≪ナレーション≫ 正午前、車が到着した。岸首相の姿はなく、代理で訪れた首相夫人と娘、そして婿の安部晋太郎が降り立ったのであります。
そのころ、戸田城聖は、山本伸一に手を取られて、理境坊の玄関に降り立った。そこには、周囲を白い布で巻いた、車駕が、置かれていたのであります。
≪戸田城聖≫ 大きすぎて、実戦には向かぬ。戦いにならんぞ!!
≪山本伸一≫ 先生、よくわかりました。申し訳ございません。しかし、この車駕は弟子が真心で作ったものです。どうかお乗りください。
≪ナレーション≫ 自らの命の燃え尽きんとするまで、戦いの極意と闘将の気迫を、身をもって教え伝えようとする師匠の厳愛。その師匠の体を気遣い、いたわろうとする弟子の真心。それは、師匠と弟子の、熱い生命のドラマでありました。
戸田は、伸一を見てにっこり、うなずくと、弟子たちに体を預け、車駕の中央に固定された、肘掛け椅子に座った。車駕は静かに、ゆっくりと参道を進みはじめました。車駕には山本伸一がぴったりと、付き添ったのであります。
「戸田先生だ!戸田先生だ!」青年たちの歓声が、潮騒のように広がっていった。戸田は青年たちに、心の中で静かに語りかけたのであります。
≪戸田城聖≫ みんな、みんな、よくやって来たな。私は君たちに会えて幸せだ。よく、育った。ほんとうによく育ってくれた。君たちとこうして会えるのも、これが最後だろう。私がいなくなったあとは、君たちがやるのだ。広宣流布を頼むぞ!
≪ナレーション≫ 12時40分。式典は開会となった。
司会は、山本伸一であります。
≪安部晋太郎≫ 義父(ちち)は、昨夜も、皆様方とお会いして祖国の再建について是非とも語り合いたいと申しておりましたが、実現できず、非常に残念でなりません。
義父の、次の機会の参詣をお約束申しあげ、私たち一同のお詫びの言葉にかえさせていただく次第でございます。ありがとうございました。
≪戸田城聖≫ 岸総理が「一日の法要には行けない」とい言うから「そのあとはどうだ」と言ったら、「十六日なら行ける」というので、楽しみにしておったのです。
ところが、どうしてもということで東京に帰ることになった。これは仕方がないでしょう。
一国の総理といっても月給は安いものだ。それでこき使われることは、ずいぶんこき使われるらしい。大変な商売ですよ。そうしたなかで、お嬢さんご夫妻と奥様をさしむけられた。その誠意というものを、私は心から嬉しく思い、感謝しています。
私は岸先生が総理だから偉いと思った覚えはありません。立場でなく、人間としてお付き合いしてきた。これからもそうです。それが友人としての真心です。
妙法のもとには、皆、平等です。そして、個人も、国家も、幸せと繁栄を得るには正法を根幹とする以外にない。ゆえにわれわれには、広宣流布を断じてなさねばならぬ使命がある。それを今日、私は君たち青年に託しておきたい。未来は君たちに任せる。頼むぞ広宣流布を!!
創価学会は、宗教界の王者であります。何も恐れるものなどない。諸君は、その後継者であるとの自覚を忘れることなく、広宣流布の誉れの法戦に、花の若武者として勇敢に戦い進んでもらいたい。
≪ナレーション≫ 「創価学会は、宗教界の王者である」との言葉は、戸田の生涯をかけた広宣流布の、勝利の大宣言にほかならなかったので、あります。
戸田は青年たちを見つめながら、心のなかで叫びました。
≪戸田城聖≫ 牧口先生、広宣流布の万代の基盤を作り上げ、あとは、我が愛弟子に託しました。妙法広布の松明が、東洋へ、世界へと、燃え広がる日も、もはや遠くは、ございません。
≪山本伸一≫ 先生、青年の陣列がみごと、そろいました。広宣流布は必ず、われら弟子の手でいたします!どうかご安心ください。
≪ナレーション≫ このお話は、戸田先生の逝去の、4月2日の、直前の出来事であり、そしてこの3月16日が、のちに、「広宣流布記念の日」となり、広宣流布を永遠不滅ならしめる、弟子たちの新たな誓いの日となったことは、皆様ご存知のとおりです。
本日は、小説「人間革命・第12巻」「後継」の章、から「広宣流布記念の日・3月16日のお話」を、黎明地区のオールスターキャストでお送りいたしました。 
以上で寸劇人間革命のコーナーを、終わります。

【1】豚汁のお話+車駕のお話+岸総理のお話+式典のお話 4部構成 20文字×315行


syaga_03.jpg


【2】豚汁のお話+車駕のお話+岸総理のお話+式典のお話 4部構成のコンパクト 20文字×195行

≪ナレーション≫ 時は昭和33年、西暦1958年の3月、一日7000人一ヶ月で20万人の大講堂落慶総登山の、まっ最中であります。
そこに、時の首相、岸信介(きしのぶすけ)から、3月16日の日曜日に総本山に参詣したいとの、連絡が入ったのであります。そうです。本日は、「広宣流布記念の日」3月16日の、お話であります。
≪戸田城聖≫ よい機会だ。この日に、青年部を登山させようじゃないか。そして将来のために広宣流布の模擬試験、予行演習となる式典を、しようじゃないか。
伸一、僕はこの3月16日の式典を、広布の後継と責任を、君たちに託す儀式にしようと思っているのだよ。この式典の全責任は君がもつのだ。思い通りに、力いっぱいやりたまえ。
≪山本伸一・参謀室長≫ はい、見事な後継の、誓いの集いに、いたします。
≪ナレーション≫ こうして、山本伸一を中心に、式典の準備は、直ちに進められていきました。
「16日に、青年部の登山が行なわれる。この日は首相を迎え、広宣流布の模擬試験を行なう」この連絡は、またたくまに、組織の隅々までいきわたったのであります。
そして師匠の戸田は、愛する弟子たちのために、すでに一つのアイデアを計画していたのであります。
≪戸田城聖≫ おう、よく来た。じつは岸首相が、総本山に来ることになっているのだ。その時は、朝早くから、寒い中、青年たちが、腹をすかせて、やって来るに違いない。そこで何か温かいものを食べさせてやりたい。いろいろ考えてみたが、豚汁が、一番いいのではないかと思う。ひとつ君が中心になって、この豚汁づくりをやってもらいたいのだ。
≪板見弘次・蒲田支部幹事≫ はぁ??はい。かしこまりました。
やらせていただきます。そうしますと、結集の人数は、いかほどになりますでしょうか。
≪戸田城聖≫ 五、六千人だろうな。
≪板見弘次≫ ろ、ろ、六千人分の豚汁!!んんー、一人、1合(ごう)としても、んんー、6石(こく)ですな……
(1合=0.18ℓ 6石=1080ℓ)
≪戸田城聖≫ 豚は2、3頭もあればいいだろう。それで足りなければ、食べられるものなら何でもかんでも、入れればいいじゃないか。はぁ、はぁ、はぁ。
≪板見弘次≫ はい、かしこまりました。えーと、あーでもない。こーでもない。かまどはドラム缶にディーゼルバーナーを取り付けたやつを四基、大がま四つ、小ビャクシ30、大ビャクシ2本、大しゃもじが、1つ。
豚が3頭、にんじん10貫、ごぼう15貫、長ネギ15貫、ジャガイモ60貫、野菜100貫、味噌は四斗樽(だる)1つ。
(1貫=3.75Kg 四斗樽=74ℓ)
≪戸田城聖≫ 参加者には、「はし」と「わん」を持ってくるように徹底するのだ。ただし、弁当は各自が持参するんだよ。はぁ、はぁ、はぁ。
≪ナレーション≫ 一方、弟子の山本伸一は、師匠のために、ひとり、心を痛めていたのであります。それは戸田の体の衰弱(すいじゃく)でありました。
山本伸一は、戸田が乗るための、車駕(しゃが)の作成を澤田良一に、頼んだのであります。
≪澤田良一・輸送責任者≫ あーでもない、こーでもない。そうだ車駕に、肘掛(ひじか)け椅子をのせよう。こうすれば戸田先生がゆったりとすわって、足を伸ばすこともできるぞ。材料はヒノキだ。手すりを回せば、いいものができそうだ。
あーでもない、こーでもない。図面、図面。よし、よし。鉛筆、なめなめ。よしこれでいこう。
≪澤田良一≫ 参謀室長、車駕ができました。
≪山本伸一≫ ありがとう。がっしりして立派にできたね。これなら安心だ。
先生。明日の式典で、お乗りいただこうと、車駕を作りました。御覧いただければと思います。
≪戸田城聖≫ おう、ん。……。
大きすぎる。これでは戦闘の役にはたたぬ!
≪側近幹部≫ ほんとうに大きいですね。
これじゃあ、まるで角館の祭りの山車(だし)ですね(笑い)
≪澤田良一≫ しまったー、どうしようー。責任は全部、私にあるのに……。参謀しつちょうー(泣く)
≪山本伸一≫ 大丈夫だよ、澤田君。戸田先生は、かならず乗ってくださる。弟子が真心をこめて、つくったのだもの。
なにも、心配はいらないよ。
≪ナレーション≫ 16日、午前3時過ぎから、青年たちを乗せたバスが、次々と到着した。彼らを、待っていたのは、あの豚汁でありました。その時初めて「『はし』と『わん』を持ってくるように」と、徹底された、理由が、わかったのであります。
午前10時。すべての準備は整った。あとは首相一行の到着を待つばかりであります。
しかし、……
≪戸田城聖≫ もしもし、戸田ですが、どなたでしょうか?
≪岸信介≫ 首相の、岸信介です。実は戸田さん。まことに申し訳ない。家族と箱根まで来ておるのですが、エート、そうそう、外交上の問題が発生しまして急遽、東京に戻らねばならなくなってしまったのですよ。
≪戸田城聖≫ なに!なんですと!!
≪岸信介≫ まことに申し訳ないが、そんなわけで、私は、これから東京に引き返さなければならんのです。
≪戸田城聖≫ 岸くん。あなたの来るのを六千人の青年が、前々から準備をして、待っているのですぞ!!
青年を騙(だま)すことに、なるではないか!!
≪岸信介≫ 済まないことをしました。戸田さんには、くれぐれもお詫(わ)びします。
≪戸田城聖≫ 私に詫びよと、いっているのではない!!詫びるのは、青年たちにだ!!
≪ナレーション≫ 政治の世界にあって、権謀術数(けんぼうじゅっすう)を駆使することを余儀なくされてきたであろう岸が、いかなる意図をもって、戸田と接触したかは知る由(よし)もない。しかし戸田は一人の人間として、誠実をもって、岸に対したのであります。
≪戸田城聖≫ 首相は参列しなくとも、今日は予定どおり堂々たる、式典を開催し、盛大に、代理で来る家族を歓迎しようじゃないか。この式典を「広宣流布を記念する模擬的な儀式」とすることには、いささかも変わりはない。私は、今日参加した青年を、この戸田の後継者と思い、広宣流布のいっさいを託す式典にするつもりでいる。首相がこないのだから、私が全力で、皆を激励したい。
≪ナレーション≫ 正午になった。戸田城聖は、山本伸一に手を取られて、理境坊の玄関に降り立った。そこには、周囲を白い布で巻いた、車駕が、置かれていたのであります。
≪戸田城聖≫ 大きすぎて、実戦には向かぬ。戦いにならんぞ!!
≪山本伸一≫ 先生、よくわかりました。申し訳ございません。しかし、この車駕は弟子が真心で作ったものです。どうかお乗りください。
≪ナレーション≫ 戸田は、伸一を見てにっこり、うなずくと、弟子たちに体を預け、車駕の中央に固定された、肘掛(ひじか)け椅子に座った。 車駕は静かに、ゆっくりと参道を進みはじめました。車駕には山本伸一がぴったりと、付き添ったのであります。
12時40分。式典は開会となった。 司会は、山本伸一であります。
≪戸田城聖≫ 岸総理が、「十六日なら行ける」というので、楽しみにしておったのです。ところが、どうしてもということで東京に帰ることになった。これは仕方がないでしょう。
私は岸先生が総理だから偉いと思った覚えはありません。立場でなく、人間としてお付き合いしてきた。これからもそうです。それが友人としての真心です。
妙法のもとには、皆、平等です。そして、個人も、国家も、幸せと繁栄を得るには正法を根幹とする以外にない。ゆえにわれわれには、広宣流布を断じてなさねばならぬ使命がある。それを今日、私は君たち青年に託しておきたい。未来は君たちに任せる。頼むぞ広宣流布を!!
創価学会は、宗教界の王者であります。何も恐れるものなどない。諸君は、その後継者であるとの自覚を忘れることなく、広宣流布の誉れの法戦に、花の若武者として勇敢に戦い進んでもらいたい。
≪ナレーション≫ 「創価学会は、宗教界の王者である」との言葉は、戸田の生涯をかけた広宣流布の、勝利の大宣言にほかならなかったので、あります。
この3月16日が、のちに、「広宣流布記念の日」となり、広宣流布を永遠不滅ならしめる、弟子たちの新たな誓いの日となった事は、皆様ご存知のとおりです。
本日は、小説「人間革命・第12巻」「後継」の章、から「広宣流布記念の日・3月16日のお話」を、黎明地区のオールスターキャストでお送りいたしました。 
以上で寸劇人間革命のコーナーを、終わります。

【2】豚汁のお話+車駕のお話+岸総理のお話+式典のお話 4部構成のコンパクト 20文字×195行

syaga_04.jpg


【3】豚汁のお話+車駕のお話+式典のお話 3部構成 20文字×255行

≪ナレーション≫ 時は昭和33年、1958年、3月。一日7000人、一ヶ月で20万人の大講堂落慶総登山の、まっ最中であります。
そこに、時の首相、岸信介(きしのぶすけ)から、3月16日の日曜日に総本山に参詣したいとの、連絡が入ったのであります。
そうです。本日は、「広宣流布記念の日」3月16日の、お話であります。
≪戸田城聖≫ よい機会だ。この日に、青年部を登山させようじゃないか。
そして将来のために広宣流布の模擬試験、予行演習となる式典を、しようじゃないか。
伸一、僕はこの3月16日の式典を、広布の後継と責任を、君たちに託す儀式にしようと思っているのだよ。
この式典の全責任は君がもつのだ。思い通りに、力いっぱいやりたまえ。
≪山本伸一・参謀室長≫ はい、見事な後継の、誓いの集いに、いたします。
≪ナレーション≫ こうして、山本伸一を中心に、式典の準備は、直ちに進められていきました。
「16日に、青年部の登山が行なわれる。この日は首相を迎え、広宣流布の模擬試験を行なう。」
この連絡は、またたくまに、組織の隅々までいきわたったのであります。
≪ナレーション≫ そして師匠の戸田は、愛する弟子たちのために、すでに一つのアイデアを計画していたのであります。
≪板見弘次・蒲田支部幹事≫ 戸田先生、昨日の大講堂落慶法要まことに、おめでとうございます
≪戸田城聖≫ おう、よく来た。
待っていたのだ。じつは、君に頼みたいことがあったのだよ。じつは岸首相が、総本山に来ることになっている。
その時は、青年部を登山させ、総理を迎えようと思っているんだが、朝早くから、寒い中、青年たちが、腹をすかせて、やって来るに違いない。そこでだ、この青年たちに何か温かいものを食べさせてやりたい。
いろいろ考えてみたが、豚汁が、一番いいのではないかと思う。湯気のたつ豚汁は体も温まるし、栄養にもなるからな。ひとつ君が中心になって、この豚汁づくりをやってもらいたいのだ。できるだろうかね。
≪板見弘次≫ は??はい。かしこまりました。やらせていただきます。
そうしますと、結集人数は、いかほどになりますでしょうか。
≪戸田城聖≫ 五、六千人だろうな。
≪板見弘次≫ ろ、ろ、六千人分の豚汁!!
んんー、一人1合(ごう)としても、んんー。6石(こく)ですな。
役員も50人くらいは……(1合=0.18ℓ 6石=1080ℓ)
≪戸田城聖≫ いや、こうした作業は、少数精鋭でやった方がはかどるだろう。
10人もいれば十分だ。豚は2、3頭もあればいいだろう。それで足りなければ、食べられるものなら何でもかんでも、入れればいいじゃないか。はぁ、はぁ、はぁ。
腹が減っては、戦はできん。いかなる戦いでも、これが鉄則だよ。
≪板見弘次≫ はい、かしこまりました。
役員は蒲田支部から十人。
えーと、あーでもない。こーでもない。
かまどはドラム缶にディーゼルバーナーを取り付けたやつを四基。大がま四つ、小ビャクシ30、大ビャクシ2本、大しゃもじが、1つ。
あーでもない。こーでもない。
豚が3頭、にんじん10貫、ごぼう15貫、長ネギ15貫、ジャガイモ60貫、野菜100貫、味噌は四斗樽(だる)1つ。
(1貫=3.75Kg 四斗樽=74ℓ)
≪戸田城聖≫ 参加者には、「はし」と「わん」を持ってくるように徹底するのだ。
ただし、弁当は各自が持参するんだよ。そこまで面倒は、見れんからな。はぁ、はぁ、はぁ。
≪ナレーション≫ 一方、弟子の山本伸一は、師匠のために、ひとり、心を痛めていたのであります。それは戸田の体の衰弱でありました。
≪山本伸一≫ 戸田先生の気迫は、決して変わることはない。しかし歩行は、日を追って困難になってきている。なんとしても、師匠の体の負担を、少しでも、減らしたい。
≪ナレーション≫ 山本伸一は、戸田が乗るための、車駕(しゃが)の作成を澤田良一に依頼したのであります。
≪山本伸一≫ 16日の式典の時に、車駕(しゃが)を用意して、そこに戸田先生に乗っていただいて、青年たちで、担ごうと思っているんだ。
≪澤田良一・輸送責任者≫ わかりました。
それでは、どのようなものを、作ればよろしいのでしょうか。
≪山本伸一≫ 戸田先生がお疲れにならないように。
一切は、澤田君に任せるから、よくよく、工夫して欲しい。(二人の会話ここまで)
≪澤田良一≫ これは、真剣に、考えねば。
どうすればいいだろう、あーでもない、こーでもない。そうだ車駕に、肘掛(ひじか)け椅子をのせよう。こうすれば戸田先生がゆったりとすわって、足を伸ばすこともできるぞ。
材料はヒノキだ。手すりを回せば、いいものができそうだ。
あーでもない、こーでもない。図面、図面。よし、よし。鉛筆、なめなめ。よしこれでいこう
≪澤田良一≫ 参謀室長、車駕ができました。
今、理境坊(りきょうぼう)の中庭に運びました。
≪山本伸一≫ ありがとう。がっしりして立派にできたね。
これなら、戸田先生のお体に、負担をかけなくてすむ。 澤田君、制作費は?
≪澤田良一≫ それが、じつは、四万円もかかって、しまいました。
≪山本伸一≫ それは、心配しなくていい。私が払う。
≪ナレーション≫ 伸一は財布をはたいて、自分ひとりで全額を支払ったのであります。
(当時は国家公務員の初任給が1万円弱)
それから、伸一は、理境坊の2階に行って、戸田に報告した。
≪山本伸一≫ 明日の式典で、先生にお乗りいただこうと、車駕を作りました。
御覧いただければと思います。
≪戸田城聖≫ おう、ん。……。
大きすぎる。これでは戦闘の役にはたたぬ!
≪側近幹部≫ ほんとうに大きいですね。
これじゃあ、まるで角館の、祭りの山車(だし)ですね(笑い)
≪澤田良一≫ しまったー、どうしようー。あの形も大きさも、私が考えたものだ。
責任は私にあるのに……。参謀しつちょうー(泣く)
≪山本伸一≫ 大丈夫だよ、澤田君。
戸田先生は、かならず乗ってくださる。
弟子が真心をこめて、つくったのだもの。
戸田先生は、こうした一つひとつの事柄を通して、私たちを真剣に訓練して下さっているんだよ。ありがたいことじゃないか。
今のお叱りの言葉も、先生の御慈愛なんだ。
その先生が私たちの真心に、お応えくださらないわけがないじゃないか。
なにも、心配はいらないよ。
≪ナレーション≫ 16日、午前3時過ぎから、青年たちを乗せたバスが、次々と到着した。彼らを、待っていたのは、あの豚汁でありました。
その時初めて「『はし』と『わん』を持ってくるように」と、徹底された、理由が、わかったのであります。
ことに、それが、戸田先生の心尽くしのご馳走であると知ると、師匠の真心に、熱いものが、込み上げるのを、覚えたのであります。
しかし、すべての準備が整った、午前10時。突然、岸首相が参列できないとの連絡が、本山内を駆け巡ったのであります。
≪戸田城聖≫ 首相は参列しなくとも、予定どおり、堂々たる、式典を開催し、盛大に、代理で来る家族を、歓迎しようじゃないか。
この式典を「広宣流布を記念する模擬的な儀式」とすることには、いささかも変わりはない。
私は、今日参加した青年を、この戸田の後継者と思い、広宣流布のいっさいを託す式典にするつもりでいる。
首相がこないのだから、私が全力で、皆を激励したい。
≪ナレーション≫ 正午になった。戸田城聖は、山本伸一に手を取られて、理境坊の玄関に降り立った。
そこには、周囲を白い布で巻いた、車駕が、置かれていたのであります。
≪戸田城聖≫ 大きすぎて、実戦には向かぬ。戦いにならんぞ!!
≪山本伸一≫ 先生、よくわかりました。申し訳ございません。
しかし、この車駕は弟子が真心で作ったものです。どうかお乗りください。
≪ナレーション≫ 自らの命の燃え尽きんとするまで、戦いの極意と闘将の気迫を、身をもって教え伝えようとする師匠の厳愛。
その師匠の体を気遣い、いたわろうとする弟子の真心。
それは、師匠と弟子の、熱い生命のドラマでありました。
戸田は、伸一を見てにっこり、うなずくと、弟子たちに体をあずけ、車駕の中央に固定された、肘掛け椅子に座った。
車駕は静かに、ゆっくりと参道を進みはじめました。
車駕には山本伸一が、ぴったりと、付き添ったのであります。
「戸田先生だ!戸田先生だ!」青年たちの歓声が、潮騒のように広がっていった。
戸田は青年たちに、心の中で静かに語りかけたのであります。
≪戸田城聖≫ みんな、みんな、よくやって来たな。
私は君たちに会えて幸せだ。よく、育った。
ほんとうによく育ってくれた。君たちと、こうして会えるのも、これが最後だろう。
私がいなくなったあとは、君たちがやるのだ。
広宣流布を頼むぞ!
≪ナレーション≫ 12時40分。式典は開会となった。
司会は、山本伸一であります。
≪戸田城聖≫ 個人も、国家も、幸せと繁栄を得るには正法を根幹とする以外にない。
ゆえにわれわれには、広宣流布を断じてなさねばならぬ使命がある。
それを今日、私は君たち青年に託しておきたい。未来は君たちに任せる。頼むぞ広宣流布を!!
創価学会は、宗教界の王者であります。
何も恐れるものなどない。
諸君は、その後継者であるとの自覚を忘れることなく、広宣流布の誉れの法戦に、花の若武者として勇敢に戦い進んでもらいたい。
≪ナレーション≫ 「創価学会は、宗教界の王者である」との言葉は、戸田の生涯をかけた広宣流布の、勝利の大宣言にほかならなかったので、あります。
戸田は青年たちを見つめながら心のなかで叫びました。
≪戸田城聖≫ 牧口先生、広宣流布の万代の基盤を作り上げ、あとは、我が愛弟子に託しました。
妙法広布の松明が、東洋へ、世界へと、燃え広がる日も、もはや遠くは、ございません。
≪山本伸一≫ 先生、青年の陣列がみごと、そろいました。
広宣流布は必ず、われら弟子の手でいたします!どうかご安心ください。
≪ナレーション≫ このお話は、戸田先生の逝去の、4月2日の、直前の出来事であり、そしてこの3月16日が、のちに、「広宣流布記念の日」となり、広宣流布を永遠不滅ならしめる、弟子たちの新たな誓いの日となった事は、皆様ご存知のとおりです。
本日は、小説「人間革命・第12巻」「後継」の章、から「広宣流布記念の日・3月16日のお話」を、黎明地区のオールスターキャストでお送りいたしました。
以上で、寸劇人間革命のコーナーを、終わります。

【3】豚汁のお話+車駕のお話+式典のお話 3部構成 20文字×255行


syaga_06.jpg


【4】豚汁のお話+車駕のお話+式典のお話 3部構成のコンパクト 20文字×155行

≪ナレーション≫ 時は昭和33年、1958年、3月。一日7000人、一ヶ月で20万人の大講堂落慶総登山の、まっ最中であります。
そこに、時の首相、岸信介(きしのぶすけ)から、3月16日に総本山に参詣したいとの、連絡が入ったのであります。
そうです。本日は、「広宣流布記念の日・3月16日の、お話」であります。
≪戸田城聖≫ よい機会だ。この日に、青年部を登山させようじゃないか。
そして将来のために広宣流布の模擬試験、予行演習となる式典を、しようじゃないか。
伸一、僕はこの3月16日の式典を、広布の後継と責任を、君たちに託す儀式にしようと思っているのだよ。
この式典の全責任は君がもつのだ。思い通りに、力いっぱいやりたまえ。
≪山本伸一・参謀室長≫ はい、見事な後継の、誓いの集いに、いたします。
≪ナレーション≫ 「16日に、青年部の登山が行なわれる。この日は首相を迎え、広宣流布の模擬試験を行なう。」
この連絡は、またたくまに、組織の隅々までいきわたったのであります。
≪ナレーション≫ 師匠の戸田は、愛する弟子たちのために、すでに一つのアイデアを計画していたのであります。
≪戸田城聖≫ おう、よく来た。じつは岸首相が、総本山に来ることになっているのだ。
その時は、朝早くから、寒い中、青年たちが、腹をすかせて、やって来るに違いない。そこで、この青年たちに温かい豚汁を食べさせてやりたい。ひとつ君が中心になって、この豚汁づくりをやってもらいたいのだ。
≪板見弘次・蒲田支部幹事≫ は??はい。かしこまりました。やらせていただきます。
そうしますと、結集人数は、いかほどになりますでしょうか。
≪戸田城聖≫ 五、六千人だろうな。
≪板見弘次≫ ろ、ろ、六千人分の豚汁!!
んんー、一人1合(ごう)としても、んんー。6石(こく)ですな。
(1合=0.18ℓ 6石=1080ℓ)
≪戸田城聖≫ 豚は2、3頭もあればいいだろう。それで足りなければ、食べられるものなら、何でもかんでも、入れればいいじゃないか。はぁ、はぁ、はぁ。
≪板見弘次≫ はい、かしこまりました。あーでもない、こーでもない。かまどはドラム缶にディーゼルバーナーを取り付けたやつを四基。大がま四つ、小ビャクシ30、大ビャクシ2本、大しゃもじが、1つ。
豚が3頭、にんじん10貫、ごぼう15貫、長ネギ15貫、ジャガイモ60貫、野菜100貫、味噌は四斗樽(だる)1つ。
(1貫=3.75Kg 四斗樽=74ℓ)
≪戸田城聖≫ 参加者には、「はし」と「わん」を持ってくるように徹底するのだ。
ただし、弁当は各自が持参するんだよ。はぁ、はぁ、はぁ。
≪ナレーション≫ 一方、弟子の山本伸一は、戸田の体の衰弱に、ひとり、心を痛めていたのであります。
そこで、戸田が乗るための車駕(しゃが)の作成を、澤田良一に、頼んだのであります。
≪澤田良一・輸送責任者≫ あーでもない、こーでもない。そうだ車駕に、肘掛(ひじか)け椅子をのせよう。こうすれば戸田先生がゆったりとすわって、足を伸ばすこともできるぞ。
材料はヒノキだ。手すりを回せば、いいものができそうだ。図面、図面。よし、よし。鉛筆、なめなめ。
よしこれでいこう。
参謀室長、車駕が、できました。
≪山本伸一≫ ありがとう。がっしりして立派にできたね。これなら、安心だ。
先生。明日の式典で、お乗りいただこうと、車駕を作りました。御覧いただければと思います。
≪戸田城聖≫ おう、ん。……。
大きすぎる。これでは戦闘の役にはたたぬ!
≪側近幹部≫ ほんとうに大きいですね。
これじゃあ、まるで角館の、祭りの山車(だし)ですね(笑い)。
≪澤田良一≫ しまったー、どうしようー。責任は、全部、私にあるのに……。参謀しつちょうー(泣く)
≪山本伸一≫ 大丈夫だよ、澤田君。
戸田先生は、かならず乗ってくださる。弟子が真心をこめて、つくったのだもの。
何も心配は、いらないよ。
≪ナレーション≫ 16日、午前3時。バスが次々と到着し始めた。彼らを、待っていたのは、あの豚汁です。
その時初めて『はし』と『わん』の、意味が、わかったのであります。
準備は、すべて整った。しかし、午前10時。突然、岸首相が参列できないとの連絡が、入ったのであります。
≪戸田城聖≫ 首相は参列しなくとも、この式典を「広宣流布を記念する模擬的な儀式」とすることには、いささかも変わりはない。
私は、今日参加した青年を、この戸田の後継者と思い、広宣流布のいっさいを託す式典にするつもりでいる。
首相がこないのだから、私が全力で、皆を激励したい。
≪ナレーション≫ 正午になった。戸田城聖は、山本伸一に手を取られて、理境坊の玄関に降り立った。
そこには、周囲を白い布で巻いた、車駕が、置かれていたのであります。
≪戸田城聖≫ 大きすぎて、実戦には向かぬ。戦いにならんぞ!!
≪山本伸一≫ 先生、よくわかりました。申し訳ございません。
しかし、この車駕は弟子が真心で作ったものです。どうかお乗りください。
≪ナレーション≫ 戸田は、伸一を見てにっこり、うなずくと、弟子たちに体をあずけ、車駕の肘掛け椅子に座った。
車駕は静かに、ゆっくりと参道を進みはじめました。車駕には山本伸一が、ぴったりと、付き添ったのであります。 
≪ナレーション≫ 12時40分。式典は開会となった。
司会は、山本伸一であります。
≪戸田城聖≫ 個人も、国家も、幸せと繁栄を得るには正法を根幹とする以外にない。ゆえにわれわれには、広宣流布を断じてなさねばならぬ使命がある。
それを今日、私は君たち青年に託しておきたい。未来は君たちに任せる。
頼むぞ広宣流布を!! 
創価学会は、宗教界の王者であります。何も恐れるものなどない。
諸君は、その後継者であるとの自覚を忘れることなく、広宣流布の誉れの法戦に、花の若武者として勇敢に戦い進んでもらいたい。
≪ナレーション≫ 「創価学会は、宗教界の王者である」との言葉は、戸田の生涯をかけた広宣流布の、勝利の大宣言にほかならなかったので、あります。
この3月16日が、のちに、「広宣流布記念の日」となり、広宣流布を永遠不滅ならしめる、弟子たちの新たな誓いの日となったことは、皆様ご存知のとおりです。
本日は、小説「人間革命・第12巻」「後継」の章、から「3月16日のお話」を、黎明地区のオールスターキャストでお送りいたしました。 
以上で、寸劇人間革命のコーナーを、終わります。

【4】豚汁のお話+車駕のお話+式典のお話 3部構成のコンパクト 20文字×155行


syaga5.jpg


【5】車駕のお話+岸総理のお話+式典のお話 3部構成 20文字×255行

≪ナレーション≫ 時は昭和33年、西暦1958年の3月、一日7000人、一ヶ月で20万人の大講堂落慶総登山の、まっ最中であります。
そこに、時の首相、岸信介(きしのぶすけ)から、3月16日の日曜日に総本山に参詣したいとの、連絡が入ったのであります。そうです。本日は、「広宣流布記念の日」3月16日の、お話であります。
≪戸田城聖≫ よい機会だ。この日に、青年部を登山させようじゃないか。そして将来のために広宣流布の模擬試験、予行演習となる式典を、しようじゃないか。
伸一、僕はこの3月16日の式典を、広布の後継と責任を、君たちに託す儀式にしようと思っているのだよ。この式典の全責任は君がもつのだ。思い通りに、力いっぱいやりたまえ。
≪山本伸一・参謀室長≫ はい、見事な後継の、誓いの集いに、いたします。
≪ナレーション≫ こうして、山本伸一を中心に、式典の準備は、直ちに進められていきました。
「16日に、青年部の登山が行なわれる。この日は首相を迎え、広宣流布の模擬試験を行なう。『はし』と『わん』を持ってくるように」
この連絡は、またたくまに、組織の隅々までいきわたったのであります。
一方、山本伸一は、師匠のために、ひとり、心を痛めていたのであります。それは戸田の体の衰弱でありました。
≪山本伸一≫ 戸田先生の気迫は、決して変わることはない。しかし歩行は、日を追って困難になってきている。なんとしても、師匠の体の負担を少しでも、減らしたい。
≪ナレーション≫ 山本伸一は、戸田が乗るための、車駕(しゃが)の作成を澤田良一に依頼したのであります。
≪山本伸一≫ 16日の式典の時に、車駕(しゃが)を用意して、そこに戸田先生に乗っていただいて、青年たちで、担ごうと思っているんだ。
≪澤田良一・輸送責任者≫ わかりました。それでは、どのようなものを、作ればよろしいのでしょうか。
≪山本伸一≫ 戸田先生のお体の具合がとても、心配だ。ともかく、戸田先生がお疲れにならないように。一切は、澤田君に任せるから、よくよく、工夫して欲しい。(二人の会話ここまで)
≪澤田良一≫ これは、真剣に、考えねば。どうすればいいだろう、あーでもない、こーでもない。
そうだ車駕に、肘掛(ひじか)け椅子をのせよう。こうすれば戸田先生がゆったりとすわって、足を伸ばすこともできるぞ。材料はヒノキだ。手すりを回せば、いいものができそうだ。
あーでもない、こーでもない。図面、図面。よし、よし。鉛筆、なめなめ。よしこれでいこう。
≪澤田良一≫ 参謀室長、車駕ができました。今、理境坊(りきょうぼう)の中庭に運びました。
≪山本伸一≫ ありがとう。がっしりして立派にできたね。これなら、戸田先生のお体に、負担をかけなくてすむ。澤田君、制作費は?
≪澤田良一≫ それが、じつは、四万円もかかって、しまいました。
≪山本伸一≫ それは、心配しなくていい。私が払う。
≪ナレーション≫ 伸一は財布をはたいて、自分ひとりで全額を支払ったのであります。(当時は国家公務員の初任給が1万円弱)
それから、伸一は、理境坊の2階に行って、戸田に報告した。
≪山本伸一≫ 明日の式典で、先生にお乗りいただこうと、車駕を作りました。御覧いただければと思います。
≪戸田城聖≫ おう、ん。……。
大きすぎる。これでは戦闘の役にはたたぬ!
≪側近幹部≫ ほんとうに大きいですね。
これじゃあ、まるで角館の祭りの山車(だし)ですね(笑い)
≪澤田良一≫ しまったー、どうしようー。あの形も大きさも、私が考えたものだ、責任は私にあるのに……。参謀しつちょうー(泣く)
≪山本伸一≫ 大丈夫だよ、澤田君。戸田先生は、かならず乗ってくださる。弟子が真心をこめて、つくったのだもの。
戸田先生は、こうした一つひとつの事柄を通して、私たちを真剣に訓練して下さっているんだよ。 ありがたいことじゃないか。今のお叱りの言葉も、先生の御慈愛なんだ。その先生が私たちの真心に、お応えくださらないわけがないじゃないか。
なにも、心配はいらないよ。
≪ナレーション≫ 16日、午前3時過ぎから、青年たちを乗せたバスが、次々と到着した。彼らを、待っていたのは、あの豚汁でありました。その時初めて「『はし』と『わん』を持ってくるように」と、徹底された理由が、わかったのであります。ことに、それが、戸田先生の心尽くしのご馳走であると知ると、師匠の真心に、熱いものが、込み上げるのを、覚えたのであります。
午前10時。すべての準備は整った。あとは首相一行の到着を待つばかりであります。
しかし、……
≪戸田城聖≫ もしもし、戸田ですが、どなたでしょうか
≪岸信介≫ 首相の、岸信介です。実は戸田さん。まことに申し訳ない。家族と箱根まで来ておるのですが、エート、そうそう、外交上の問題が発生しまして急遽、東京に戻らねばならなくなってしまったのですよ。
≪戸田城聖≫ なに!なんですと!!
≪岸信介≫ まことに申し訳ないが、そんなわけで、私は、これから東京に引き返さなければならんのです。
≪戸田城聖≫ 岸くん。あなたの来るのを六千人の青年が、前々から準備をして、待っているのですぞ!! 青年を騙(だま)すことに、なるではないか!!
≪岸信介≫ 済まないことをしました。戸田さんには、くれぐれもお詫びします。
≪戸田城聖≫ 私に詫びよと、いっているのではない!!詫びるのは、青年たちにだ!!
≪岸信介≫ その通りです。戸田さんの方から、くれぐれも宜しくいってください。私はいけないが、そのかわり家内と娘、それから婿で私の秘書を伺わせます。どうかひとつ宜しくお願いいたします。
≪ナレーション≫ 戸田城聖と岸信介との交友が始まったのは、二、三年ほど前のことであった。 もとより、二人は思想も信条も異なっていた。しかし、これからの日本をどうするかという、建設の意気と気概は共通しており、互いに響きあうものがあった。
政治の世界にあって、権謀術数を駆使することを余儀なくされてきたであろう岸が、いかなる意図をもって、戸田と接触したかは知る由(よし)もない。しかし戸田は一人の人間として、誠実をもって岸に対したのであります。
≪戸田城聖≫ 首相は参列しなくとも、今日は予定どおり堂々たる、式典を開催し、盛大に、代理で来る家族を歓迎しようじゃないか。この式典を「広宣流布を記念する模擬的な儀式」とすることには、いささかも変わりはない。
私は、今日参加した青年を、この戸田の後継者と思い、広宣流布のいっさいを託す式典にするつもりでいる。首相がこないのだから、私が全力で、皆を激励したい。
≪ナレーション≫ 正午前、車が到着した。岸首相の姿はなく、代理で訪れた首相夫人と娘、そして婿の安部晋太郎が降り立ったのであります。
そのころ、戸田城聖は、山本伸一に手を取られて、理境坊の玄関に降り立った。そこには、周囲を白い布で巻いた、車駕が、置かれていたのであります。
≪戸田城聖≫ 大きすぎて、実戦には向かぬ。戦いにならんぞ!!
≪山本伸一≫ 先生、よくわかりました。申し訳ございません。しかし、この車駕は弟子が真心で作ったものです。どうかお乗りください。
≪ナレーション≫ 自らの命の燃え尽きんとするまで、戦いの極意と闘将の気迫を、身をもって教え伝えようとする師匠の厳愛。その師匠の体を気遣い、いたわろうとする弟子の真心。それは、師匠と弟子の、熱い生命のドラマでありました。
戸田は、伸一を見てにっこり、うなずくと、弟子たちに体を預け、車駕の中央に固定された、肘掛け椅子に座った。
車駕は静かに、ゆっくりと参道を進みはじめました。車駕には山本伸一がぴったりと、付き添ったのであります。
「戸田先生だ!戸田先生だ!」青年たちの歓声が、潮騒のように広がっていった。戸田は 青年たちに、心の中で静かに語りかけたのであります。
≪戸田城聖≫ みんな、みんな、よくやって来たな。私は君たちに会えて幸せだ。よく育った。ほんとうによく育ってくれた。
君たちとこうして会えるのも、これが最後だろう。私がいなくなったあとは、君たちがやるのだ。広宣流布を頼むぞ!
≪ナレーション≫ 12時40分。式典は開会となった。
司会は、山本伸一であります。
≪安部晋太郎≫ 義父(ちち)は、昨夜も、皆様方とお会いして祖国の再建について是非とも語り合いたいと申しておりましたが、実現できず、非常に残念でなりません。義父の、次の機会の参詣をお約束申しあげ、私たち一同のお詫びの言葉にかえさせていただく次第でございます。ありがとうございました。
≪戸田城聖≫ 岸総理が「一日の法要には行けない」とい言うから「そのあとはどうだ」と言ったら、「十六日なら行ける」というので、楽しみにしておったのです。ところが、どうしてもということで東京に帰ることになった。これは仕方がないでしょう。
一国の総理といっても月給は安いものだ。それでこき使われることは、ずいぶんこき使われるらしい。大変な商売ですよ。そうしたなかで、お嬢さんご夫妻と奥様をさしむけられた。その誠意というものを、私は心から嬉しく思い、感謝しています。
私は岸先生が総理だから偉いと思った覚えはありません。立場でなく、人間としてお付き合いしてきた。これからもそうです。それが友人としての真心です。
妙法のもとには、皆、平等です。そして、個人も、国家も、幸せと繁栄を得るには正法を根幹とする以外にない。ゆえにわれわれには、広宣流布を断じてなさねばならぬ使命がある。それを今日、私は君たち青年に託しておきたい。未来は君たちに任せる。
頼むぞ広宣流布を!!
創価学会は、宗教界の王者であります。何も恐れるものなどない。諸君は、その後継者であるとの自覚を忘れることなく、広宣流布の誉れの法戦に、花の若武者として勇敢に戦い進んでもらいたい。
≪ナレーション≫ 「創価学会は、宗教界の王者である」との言葉は、戸田の生涯をかけた広宣流布の、勝利の大宣言にほかならなかったので、あります。戸田は青年たちを見つめながら心のなかで叫びました。
≪戸田城聖≫ 牧口先生、広宣流布の万代の基盤を作り上げ、あとは、我が愛弟子に託しました。妙法広布の松明が、東洋へ、世界へと、燃え広がる日も、もはや遠くは、ございません。
≪山本伸一≫ 先生、青年の陣列がみごと、そろいました。広宣流布は必ず、われら弟子の手でいたします!どうかご安心ください。
≪ナレーション≫ このお話は、戸田先生の逝去の、4月2日の、直前の出来事であり、そしてこの3月16日が、のちに、「広宣流布記念の日」となり、広宣流布を永遠不滅ならしめる、弟子たちの新たな誓いの日となった事は、皆様ご存知のとおりです。
本日は、小説「人間革命・第12巻」「後継」の章、から「3月16日のお話」を、黎明地区のオールスターキャストでお送りいたしました。
以上で寸劇のコーナーを、終わります。

【5】車駕のお話+岸総理のお話+式典のお話 3部構成 20文字×255行


Dosei (2)


【6】車駕のお話+岸総理のお話+式典のお話の 3部構成のコンパクト 20文字×145行


≪ナレーションA≫ 時は昭和33年、1958年の3月、一日7000人、一ヶ月で20万人の大講堂落慶総登山の、まっ最中であります。
そこに、時の首相、岸信介(きしのぶすけ)から、3月16日に総本山に参詣したいとの、連絡が入ったのであります。そうです。本日は、「広宣流布記念の日」3月16日の、お話であります。
≪戸田城聖≫ よい機会だ。この日に、青年部を登山させようじゃないか。そして将来のために広宣流布の模擬試験、予行演習となる式典を、しようじゃないか。
伸一、僕はこの3月16日の式典を、広布の後継と責任を、君たちに託す儀式にしようと思っているのだよ。この式典の全責任は君がもつのだ。思い通りに、力いっぱいやりたまえ。
≪山本伸一・参謀室長≫ はい、見事な後継の、誓いの集いに、いたします。
≪ナレーションA≫ 「16日に、青年部の登山が行なわれる。この日は首相を迎え、広宣流布の模擬試験を行なう。『はし』と『わん』を持ってくるように」
この連絡は、またたくまに、組織の隅々までいきわたったのであります。
≪ナレーションB≫ 山本伸一は、師匠のために、ひとり、心を痛めていたのであります。それは戸田の体の衰弱でありました。
山本伸一は、戸田が乗るための、車駕の作成を澤田良一に依頼したのであります。
≪澤田良一・輸送責任者≫ あーでもない、こーでもない。
そうだ車駕に、肘掛(ひじか)け椅子をのせよう。こうすれば戸田先生がゆったりとすわって、足を伸ばすこともできるぞ。材料はヒノキだ。手すりを回せば、いいものができそうだ。
図面、図面。よし、よし。鉛筆、なめなめ。よしこれでいこう。
参謀室長、車駕ができました。
≪山本伸一≫ ありがとう。がっしりして立派にできたね。これなら、安心だ。
先生。明日の式典で、お乗りいただこうと、車駕を作りました。御覧いただければと思います。
≪戸田城聖≫ おう、ん。……。
大きすぎる。これでは戦闘の役にはたたぬ!
≪側近幹部≫ いや、いや。ほんとうに大きいですね。これじゃあ、まるで角館の祭りの山車(だし)ですね(笑い)
≪澤田良一≫ しまったー、どうしようー。責任は全部、私にあるのに……。 参謀しつちょうー(泣く)
≪山本伸一≫ 大丈夫だよ、澤田君。戸田先生は、かならず乗ってくださる。弟子が真心をこめて、つくったのだもの。
なにも、心配はいらないよ。
≪ナレーションB≫ 16日、午前3時過ぎから、青年たちを乗せたバスが、次々と到着した。彼らを、待っていたのは、あの『豚汁』でありました。その時初めて「『はし』と『わん』を持ってくるように」と、徹底された、理由が、わかったのであります。
午前10時。すべての準備は整った。あとは首相一行の到着を待つばかりであります。
しかし、……
≪戸田城聖≫ もしもし、戸田ですが、どなたでしょうか
≪岸信介≫ 首相の、岸信介です。実は戸田さん。まことに申し訳ない。家族と箱根まで来ておるのですが、エート、そうそう、外交上の問題が発生しまして急遽、東京に戻らねばならなくなってしまったのですよ。
≪戸田城聖≫ なに!なんですと!!
≪岸信介≫ まことに申し訳ないが、そんなわけで、私は、これから東京に引き返さなければならんのです。
≪戸田城聖≫ 岸くん。あなたの来るのを六千人の青年が、前々から準備をして、待っているのですぞ!!
青年を騙すことになるではないか!!
≪岸信介≫ 済まないことをしました。戸田さんには、くれぐれもお詫びします。
≪戸田城聖≫ 私に詫びよと、いっているのではない!!詫びるのは、青年たちにだ!!
≪ナレーションB≫ 政治の世界にあって、権謀術数(けんぼうじゅつすう)を駆使することを余儀なくされてきたであろう岸が、いかなる意図をもって、戸田と接触したかは知る由(よし)もない。しかし戸田は一人の人間として、誠実をもって岸に対したのであります。
≪戸田城聖≫ 首相は参列しなくとも、この式典を「広宣流布を記念する模擬的な儀式」とすることには、いささかも変わりはない。私は、今日参加した青年を、この戸田の後継者と思い、広宣流布のいっさいを託す式典にするつもりでいる。首相がこないのだから、私が全力で、皆を激励したい。
≪ナレーションA≫ 正午になった。戸田城聖は、山本伸一に手を取られて、理境坊の玄関に降り立った。そこには、周囲を白い布で巻いた、車駕が、置かれてあった。
≪戸田城聖≫ 大きすぎて、実戦には向かぬ。戦いにならんぞ!!
≪山本伸一≫ 先生、よくわかりました。申し訳ございません。しかし、この車駕は弟子が真心で作ったものです。どうかお乗りください。
≪ナレーションA≫ 戸田は、伸一を見てにっこり、うなずくと、弟子たちに体を預け、車駕の中央に固定された、肘掛け椅子に座った。
車駕は静かに、ゆっくりと参道を進みはじめました。車駕には山本伸一がぴったりと、付き添ったのであります。
12時40分。式典は開会となった。
司会は、山本伸一であります。
≪戸田城聖≫ 妙法のもとには、皆、平等です。そして、個人も、国家も、幸せと繁栄を得るには正法を根幹とする以外にない。ゆえにわれわれには、広宣流布を断じてなさねばならぬ使命がある。それを今日、私は君たち青年に託しておきたい。
未来は君たちに任せる。頼むぞ広宣流布を!!
創価学会は、宗教界の王者であります。何も恐れるものなどない。諸君は、その後継者であるとの自覚を忘れることなく、広宣流布の誉れの法戦に、花の若武者として勇敢に戦い進んでもらいたい。
≪ナレーションA≫ 「創価学会は、宗教界の王者である」との言葉は、戸田の生涯をかけた広宣流布の、勝利の大宣言にほかならなかったので、あります。
この3月16日が、のちに、「広宣流布記念の日」となり、広宣流布を永遠不滅ならしめる、弟子たちの新たな誓いの日となった事は、皆様ご存知のとおりです。
本日は、小説「人間革命・第12巻」「後継」の章、から「広宣流布記念の日・3月16日のお話」を黎明地区のオールスターキャストで、お送りいたしました。
以上で寸劇人間革命のコーナーを、終わります。

【6】車駕のお話+岸総理のお話+式典のお話の 3部構成のコンパクト 20文字×145行


Dosei (3)


【7】車駕のお話+式典のお話 2部構成 20文字×190行

≪ナレーション≫ 時は昭和33年、1958年の3月、一日7000人一ヶ月で20万人の大講堂落慶総登山の、まっ最中であります。
そこに、時の首相、岸信介(きしのぶすけ)から、3月16日の日曜日に総本山に参詣したいとの、連絡が入ったのであります。
そうです。今日は、「広宣流布記念の日」3月16日の、お話であります。
≪戸田城聖≫ よい機会だ。この日に、青年部を登山させようじゃないか。
そして将来のために広宣流布の模擬試験、予行演習となる、式典をしようじゃないか。
伸一、僕はこの3月16日の式典を、広布の後継と責任を、君たちに託す儀式にしようと思っているのだよ。
この式典の全責任は君がもつのだ。思い通りに、力いっぱいやりたまえ。
≪山本伸一・参謀室長≫ はい、見事な後継の、誓いの集いに、いたします。
≪ナレーション≫ 「16日に、青年部の登山が行なわれる。この日は首相を迎え、広宣流布の模擬試験を行なう」
この連絡は、またたくまに、組織の隅々までいきわたったのであります。
山本伸一は、師匠のために、ひとり、心を痛めていた。それは戸田の体の衰弱でありました。
≪山本伸一≫ 戸田先生の気迫は、決して変わることはない。
しかし歩行は、日を追って困難になってきている。
なんとしても、師匠の体の負担を少しでも、減らしたい。
≪ナレーション≫ 山本伸一は、戸田が乗るための、車駕の作成を澤田良一に依頼したのであります。
≪山本伸一≫ 16日の式典の時に、車駕(しゃが)を用意して、そこに戸田先生に乗っていただいて、青年たちで、担ごうと思っているんだ。
≪澤田良一・輸送責任者≫ わかりました。
それでは、どのようなものを、作ればよろしいのでしょうか。
≪山本伸一≫ 戸田先生が、お疲れにならないように。一切は、澤田君に任せるから、よくよく、工夫して欲しい。(二人の会話ここまで)
≪澤田良一≫ これは、真剣に、考えねば。
どうすればいいだろう、あーでもない、こーでもない。
そうだ車駕に、肘掛(ひじか)け椅子をのせよう。
こうすれば戸田先生がゆったりとすわって、足を伸ばすこともできるぞ。
材料はヒノキだ。手すりを回せば、いいものができそうだ。あーでもない、こーでもない。
図面、図面。よし、よし。鉛筆、なめなめ。よしこれでいこう。
≪澤田良一≫ 参謀室長、車駕ができました。
今、理境坊(りきょうぼう)の中庭に運びました。
≪山本伸一≫ ありがとう。がっしりして立派にできたね。これなら、戸田先生のお体に、負担をかけなくてすむ。 澤田君、制作費は?
≪澤田良一≫ それが、じつは、四万円もかかって、しまいました。
≪山本伸一≫ それは、心配しなくていい。私が払う。
≪ナレーション≫ 伸一は財布をはたいて、自分ひとりで全額を支払ったのであります。
(当時は国家公務員の初任給が1万円弱)
それから、伸一は、理境坊の2階に行って、戸田に報告した。
≪山本伸一≫ 明日の式典で、先生にお乗りいただこうと、車駕を作りました。
御覧いただければと思います。
≪戸田城聖≫ おう、ん。……。
大きすぎる。
これでは戦闘の役にはたたぬ!
≪側近幹部≫ ほんとうに大きいですね。
これじゃあ、まるで角館の、祭りの山車(だし)ですね(笑い)
≪澤田良一≫ しまったー、どうしようー。あの形も大きさも、私が考えたものだ。
責任は私にあるのに……。参謀しつちょうー(泣く)
≪山本伸一≫ 大丈夫だよ、澤田君。 
戸田先生は、かならず乗ってくださる。
弟子が真心をこめて、つくったのだもの。
戸田先生は、こうした一つひとつの事柄を通して、私たちを真剣に訓練して下さっているんだよ。ありがたいことじゃないか。
今のお叱りの言葉も、先生の御慈愛なんだ。
その先生が私たちの真心に、お応えくださらないわけがないじゃないか。
なにも、心配はいらないよ。
≪ナレーション≫ 16日、午前10時。すべての準備は整った。あとは首相一行の到着を待つばかりである。しかし、突然、岸首相が参列(さんれつ)できないとの連絡が、入ったのであります。
≪戸田城聖≫ 首相は参列しなくとも、予定どおり堂々たる、式典を開催し、盛大に、代理で来る家族を歓迎しようじゃないか。
この式典を「広宣流布を記念する模擬的な儀式」とすることには、いささかも変わりはない。
私は、今日参加した青年を、この戸田の後継者と思い、広宣流布のいっさいを託す式典にするつもりでいる。
首相がこないのだから、私が全力で、皆を激励したい。
≪ナレーション≫ 正午になった。戸田城聖は、山本伸一に手を取られて、理境坊の玄関に降り立った。
そこには、周囲を白い布で巻いた、車駕が、置かれていたのであります。
≪戸田城聖≫ 大きすぎて、実戦には向かぬ。戦いにならんぞ!!
≪山本伸一≫ 先生、よくわかりました。申し訳ございません。
しかし、この車駕は弟子が真心で作ったものです。どうかお乗りください。
≪ナレーション≫ 自らの命の燃え尽きんとするまで、戦いの極意と闘将の気迫を、身をもって教え伝えようとする師匠の厳愛。
その師匠の体を気遣い、いたわろうとする弟子の真心。
それは、師匠と弟子の、熱い生命のドラマでありました。
戸田は、伸一を見てにっこり、うなずくと、弟子たちに体をあずけ、車駕の中央に固定された、肘掛(ひじか)け椅子に座った。
車駕は静かに、ゆっくりと参道を進みはじめました。
車駕には山本伸一がぴったりと、付き添ったのであります。 
「戸田先生だ!戸田先生だ!」青年たちの歓声が、潮騒のように広がっていった。
戸田は 青年たちに、心の中で静かに語りかけたのであります。
≪戸田城聖≫ みんな、みんな、よくやって来たな。
私は君たちに会えて幸せだ。よく、育った。 
ほんとうによく育ってくれた。
君たちとこうして会えるのも、これが最後だろう。私がいなくなったあとは、君たちがやるのだ。広宣流布を頼むぞ!
≪ナレーション≫ 12時40分。式典は開会となった。
司会は、山本伸一であります。
≪戸田城聖≫ 個人も、国家も、幸せと繁栄を得るには正法を根幹とする以外にない。
ゆえにわれわれには、広宣流布を断じてなさねばならぬ使命がある。
それを今日、私は君たち青年に託しておきたい。未来は君たちに任せる。
頼むぞ広宣流布を!! 
創価学会は、宗教界の王者であります。
何も恐れるものなどない。
諸君は、その後継者であるとの自覚を忘れることなく、広宣流布の誉れの法戦に、花の若武者として勇敢に戦い進んでもらいたい。
≪ナレーション≫ 「創価学会は、宗教界の王者である」との言葉は、戸田の生涯をかけた広宣流布の、勝利の大宣言にほかならなかったので、あります。
戸田は青年たちを見つめながら心のなかで叫びました。
≪戸田城聖≫ 牧口先生、広宣流布の万代の基盤を作り上げ、あとは、我が愛弟子に託しました。
妙法広布の松明が、東洋へ、世界へと、燃え広がる日も、もはや遠くは、ございません。
≪山本伸一≫ 先生、青年の陣列がみごと、そろいました。
広宣流布は必ず、われら弟子の手でいたします!どうかご安心ください。
≪ナレーション≫ このお話は、戸田先生の逝去の、4月2日の、直前の出来事であり、そしてこの3月16日が、のちに、「広宣流布記念の日」となり、広宣流布を永遠不滅ならしめる、弟子たちの新たな誓いの日となった事は、皆様ご存知のとおりです。
本日は、小説「人間革命・第12巻」「後継」の章、から「広宣流布記念の日・3月16日のお話」を 黎明地区のオールスターキャストでお送りいたしました。
以上で、寸劇人間革命のコーナーを、終わります。

【7】車駕のお話+式典のお話 2部構成 20文字×190行


Dosei (1)


【8】 車駕のお話+式典のお話 コンパクト 20文字×120行

≪ナレーションA≫ 時は昭和33年、1958年の3月、一日7000人、一ヶ月で20万人の大講堂(だいこうどう)落慶(らっけい)総登山の、まっ最中であります。
そこに、時の首相、岸信介(きしのぶすけ)から、3月16日の日曜日に総本山大石寺に参詣(さんけい)したいとの、連絡が入ったのであります。そうです。本日は、「広宣流布記念の日」3月16日の、お話であります。
≪戸田城聖≫ よい機会だ。この日に、青年部を登山させようじゃないか。そして将来のために広宣流布の模擬試験(もぎしけん)、予行演習(よこうえんしゅう)となる式典(しきてん)を、しようじゃないか。
伸一、僕はこの3月16日の式典を、広布の後継(こうけい)と責任を、君たちに託(たく)す、儀式にしようと思っているのだよ。この式典の全責任は君がもつのだ。思い通りに、力いっぱいやりたまえ。
≪山本伸一・参謀室長≫ はい、みごとな後継の、誓(ちか)い、の集(つど)いに、いたします。
≪ナレーションA≫ こうして、山本伸一を中心に、式典の準備は、直ちに進められていきました。
「16日に、青年部の登山が行なわれる。この日は首相を迎え、広宣流布の模擬試験を行なう」この連絡は、またたくまに、組織の隅々(すみずみ)までいきわたったのであります。
≪ナレーションB≫ 弟子の山本伸一は、師匠のために、ひとり、心を痛めていたのであります。それは戸田の体の衰弱(すいじゃく)でありました。
山本伸一は、戸田が乗るための、車駕(しゃが)の作成を、澤田良一に依頼したのであります。
≪澤田良一・輸送責任者≫ そうだ車駕に、肘掛(ひじか)け椅子をのせよう。こうすれば戸田先生がゆったりとすわって、足を伸ばすこともできるぞ。図面、図面。よし、よし。
鉛筆、なめなめ。よしこれでいこう。
参謀(さんぼう)室長、車駕ができました。今、理境坊(りきょうぼう)の中庭に運びました。
≪山本伸一≫ ありがとう。立派にできたね。
これなら、安心だ。
先生。明日の式典で、先生にお乗りいただこうと、車駕を作りました。御覧(ごらん)いただければと思います。
≪戸田城聖≫ おう。ん。……。大きすぎる!
これでは戦闘(せんとう)の役にはたたぬ!
≪側近幹部≫ いや、いや。ほんとうに大きいですね。これじゃあ、まるで角館の祭りの山車(だし)ですね(笑い)
≪澤田良一≫ しまったー、どうしようー。あの形も大きさも、すべて私が考えたものだ。責任は私にあるのに……。
≪山本伸一≫ 大丈夫だよ、澤田君。戸田先生は、かならず乗ってくださる。
なにも、心配はいらないよ。
≪ナレーションB≫ 16日、午前10時。すべての準備は整った。あとは首相一行の到着を待つばかりである。しかし、突然、岸首相が参列(さんれつ)できないとの連絡が、入ったのであります。
≪戸田城聖≫ 首相は参列しなくとも、この式典を「広宣流布を記念する模擬的(もぎてき)な儀式」とすることには、いささかも変わりはない。
私は、今日参加した青年を、この戸田の後継者と思い、広宣流布のいっさいを託(たく)す式典にするつもりでいる。首相がこないのだから、私が全力で、皆を激励したい。
≪ナレーションB≫ 正午になった。戸田城聖は、山本伸一に手を取られて、理境坊の玄関に降り立った。そこには、周囲を白い布で巻いた、車駕が、置かれてあった。
≪戸田城聖≫ 大きすぎて、実戦には向かぬ。
戦いにならんぞ!!
≪山本伸一≫ 先生、よくわかりました。申し訳ございません。しかし、この車駕は弟子が真心で作ったものです。どうかお乗りください。
≪ナレーションB≫ 戸田は、伸一を見てにっこり、うなずくと、弟子たちに体を預(あず)け、車駕の中央に固定された、肘掛け椅子に座った。車駕は静かに、ゆっくりと参道(さんどう)を進みはじめました。
車駕には山本伸一が、ぴったりと、付き添ったのであります。 
≪ナレーションA≫ 12時40分。式典は開会となった。
司会は、山本伸一であります。
≪戸田城聖≫ 個人も、国家も、幸せと繁栄を得るには正法を根幹とする以外にない。ゆえにわれわれには、広宣流布を断じてなさねばならぬ使命がある。
それを今日、私は君たち青年に託しておきたい。未来は君たちに任せる。頼むぞ広宣流布を!!
創価学会は、宗教界の王者であります。何も恐れるものなどない。諸君は、その後継者であるとの自覚を忘れることなく、広布の誉(ほま)れの法戦に、花の若武者(わかむしゃ)として勇敢(ゆうかん)に戦い進んでもらいたい。
≪ナレーションA≫ 「創価学会は、宗教界の王者である」との言葉は、戸田の生涯をかけた広宣流布の、勝利の大宣言にほかならなかったので、あります。
この3月16日が、のちに、「広宣流布記念の日」となり、広宣流布を永遠不滅ならしめる、弟子たちの新たな誓いの日となった事は、皆様ご存知のとおりです。
本日は、小説「人間革命・第12巻」「後継(こうけい)」の章、から「3月16日・広宣流布記念の日のお話」を、黎明地区の オールスターキャストでお送りいたしました。
以上で寸劇人間革命のコーナーを、終わります。

【8】 車駕のお話+式典のお話 コンパクト 20文字×120行

P1010486_2.jpg



関連記事

テーマ: 二次創作 | ジャンル: 小説・文学

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。