スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月24日のお話し


 先生…
 なんだね?
 先生、今度、三島さんが理事長になると、私の師匠は三島さんになるんでしょうか?
 いや、それは違う!苦労ばかりかけてしまう師匠だが、君の師匠は、このぼくだよ。

 僕の生涯の師匠は、先生なんだ。先生なんだ。
 これでいいんだ。これでよし。

P1010759_2.jpg

≪ナレーション≫ 時は昭和25年、1950年8月。戸田の経営する 東光建設信用組合に対し、大蔵省から業務停止命令が出たのです。
すると、直後に、新聞記者が取材に訪れたのであります。

≪新聞記者≫ いやいや、おたくの信用組合、大変ですね。同情します。ところで、被害総額と言ってはなんですが、負債額はどのくらいになりますかね。

≪山本伸一≫ 相当の額にはなると思いますが、なにしろ昨日の今日のことなので、正確なところは、社長の戸田でなければ分かりません。

≪新聞記者≫ まあ、だいたい、おおよそのところで、けっこうですから。

≪山本伸一≫ 新聞の報道は正確さが命じゃないですか

≪新聞記者≫ ええ、そうなんですけど、締め切り時間が、迫ってましてね。

≪山本伸一≫ 正確な情報に基づいての報道であれば、それは構いません。しかし、いい加減な報道をされては、困ります。

≪新聞記者≫ そうです、そうです。私も社会正義の新聞記者を自認しておりますから、ご安心ください。けっしていい加減な報道は、いたしませんから、ご協力お願いできませんでしょうか?

≪山本伸一≫ ところで、おたくはずいぶん早かったですね。

≪新聞記者≫ そこはもう、まあいろいろあるわけですよ。かくかく、しかじか、

≪山本伸一≫ ほう、すごい。すごい。

≪新聞記者≫ まあ、それほどでもハッハッハッ、かくかく、しかじか。
あっ、しまった。

≪ナレーション≫ 記者は、自慢話しをしているうちに締切時間を過ぎてしまったのでした。

≪新聞記者≫ 山本さん、今日のところはしかたがないが、社長さんに会って、詳しい話しを伺いたいんですが、どうでしょう。

≪山本伸一≫ 分かりました。私が責任を持って、社長の戸田に連絡します。ここでは、なんですから、明日喫茶店でお会いしましょう。


≪ナレーション≫ さて、お話しは、翌日の喫茶店へと、続きます。

≪戸田城聖≫ これが、すべての帳簿です。どうぞ、好きなだけ御覧になってください。

≪新聞記者≫ うーん、ウーン。なるほど、この債権を回収できさえすれば、なんとかなりますね。

≪山本伸一≫ そうです。確実に回収できる自信もあるのです。ただ時間がかかるんです。

≪新聞記者≫ それはそうでしょうね。

≪山本伸一≫ ですから、今、新聞で報道されてしまいますと、混乱が生じて、多くのお客様に迷惑をかけてしまいます。

≪戸田城聖≫ 要するに、私どもを生かすも殺すも、全てあなたしだいです。あとは、好きなようにしてください。

≪新聞記者≫ 特ダネなんだけど、ウーン、弱ったなあ。

≪ナレーション≫ 沈黙が続いた。記者は、冷たくなったコーヒーを口にした。
戸田は、悠然(ゆうぜん)とタバコをふかしている。
伸一は祈るような気持ちで2人を見つめたのであります。

≪新聞記者≫ よし、わかりました。今回は記事にしません。残念だがしかたない。


≪ナレーション≫ 記者が帰った後、2人は語りあったのであります。

≪戸田城聖≫ 今の時代は、新聞というものがすごい力を持っているな。創価学会もいつか新聞を持たなくては、ならないな。伸、よく考えておいてくれ。

≪山本伸一≫ はい。わかりました。


≪ナレーション≫ この師弟の対話のなかから、聖教新聞が生まれたことは皆様御存知のとおりです。
さてお話しは、その日の夜に続きます。

≪戸田城聖≫ 今日は皆に聞いてもらいたいことがある。じつは今日、私の経営する信用組合が、業務停止になった。諸君には全く関係の無い事だが、私はこのやっかいな問題に専念するために、創価学会の理事長を辞任することにした。後任には三島君にやってもらいます。
私は理事長を辞めるわけだが、信心を止めるわけでは絶対ない。深く心に期するところがあります。今まで以上に広宣流布のために邁進する決意は断じて変わりません。この点に不信を抱き広宣流布の歩みを緩める事のないようして頂きたい。

≪ナレーション≫ 突然の発表に、集まったメンバーは不安が隠せません。
山本伸一はひとり、戸田のところに向かったのであります。

≪戸田城聖≫ なんだ。どうした。

≪山本伸一≫ 先生…

≪戸田城聖≫ なんだね?

≪山本伸一≫ 先生、今度、三島さんが理事長になると、私の師匠は三島さんになるんでしょうか?

≪戸田城聖≫ いや、それは違う!苦労ばかりかけてしまう師匠だが、君の師匠は、このぼくだよ。

≪ナレーション≫ 山本伸一は、その答えを、全生命で聞きたかったのです。
熱い感動が全身を貫き通したのであります。

≪戸田城聖≫ 伸、どうした?

≪山本伸一≫ いや、いいんです。先生、今日は、ありがとうございました。お休みなさい。

≪ナレーション≫ 山本伸一は、学会本部を勢い良く飛びだした。

≪山本伸一≫ これでいい。会社が潰(つぶ)れようと、先生が理事長をやめようと、先生と自分との一線が狂わないならば、何が起きようと、かまったことではない。

未来、生涯、いかなる苦難が打ち続くとも、この師に学んだ栄誉を、最高、最大の、幸福とする。
僕の生涯の師匠は、先生なんだ。先生なんだ。
これでいいんだ。これでよし。

≪ナレーション≫ 時に昭和25年、1950年8月24日、山本伸一、22歳、入会ちょうど3年目のその日であります。

本日は、小説人間革命第4巻 『怒濤(どとう)』の章より8月24日のお話しを黎明地区のオールスターキャストでお送りいたしました。

以上で寸劇人間革命のコーナを終わります。



この寸劇人間革命を最後まで読んでいただきありがとうございます。

この寸劇人間革命の分量は、おおよそ、20文字×135行です。


この寸劇人間革命の続きのところは、以前に作成しています。

その寸劇人間革命を読んでみたい方は、ここをクリック してください




原稿印刷用に、空白行の少ないテキストデータを準備しました。
楽しく、有意義な座談会に、是非ご活用ください。



≪ナレーション≫ 時は昭和25年、1950年8月。戸田の経営する 東光建設信用組合に対し、大蔵省から業務停止命令が出たのです。
すると、直後に、新聞記者が取材に訪れたのであります。
≪新聞記者≫ いやいや、おたくの信用組合、大変ですね。同情します。ところで、被害総額と言ってはなんですが、負債額はどのくらいになりますかね。
≪山本伸一≫ 相当の額にはなると思いますが、なにしろ昨日の今日のことなので、正確なところは、社長の戸田でなければ分かりません。
≪新聞記者≫ まあ、だいたい、おおよそのところで、けっこうですから。
≪山本伸一≫ 新聞の報道は正確さが命じゃないですか
≪新聞記者≫ ええ、そうなんですけど、締め切り時間が、迫ってましてね。
≪山本伸一≫ 正確な情報に基づいての報道であれば、それは構いません。しかし、いい加減な報道をされては、困ります。
≪新聞記者≫ そうです、そうです。私も社会正義の新聞記者を自認しておりますから、ご安心ください。けっしていい加減な報道は、いたしませんから、ご協力お願いできませんでしょうか?
≪山本伸一≫ ところで、おたくはずいぶん早かったですね。
≪新聞記者≫ そこはもう、まあいろいろあるわけですよ。かくかく、しかじか、
≪山本伸一≫ ほう、すごい。すごい。
≪新聞記者≫ まあ、それほどでもハッハッハッ、かくかく、しかじか。
あっ、しまった。
≪ナレーション≫ 記者は、自慢話しをしているうちに締切時間を過ぎてしまったのでした。
≪新聞記者≫ 山本さん、今日のところはしかたがないが、社長さんに会って、詳しい話しを伺いたいんですが、どうでしょう。
≪山本伸一≫ 分かりました。私が責任を持って、社長の戸田に連絡します。ここでは、なんですから、明日喫茶店でお会いしましょう。
≪ナレーション≫ さて、お話しは、翌日の喫茶店へと、続きます。
≪戸田城聖≫ これが、すべての帳簿です。どうぞ、好きなだけ御覧になってください。
≪新聞記者≫ うーん、ウーン。なるほど、この債権を回収できさえすれば、なんとかなりますね。
≪山本伸一≫ そうです。確実に回収できる自信もあるのです。ただ時間がかかるんです。
≪新聞記者≫ それはそうでしょうね。
≪山本伸一≫ ですから、今、新聞で報道されてしまいますと、混乱が生じて、多くのお客様に迷惑をかけてしまいます。
≪戸田城聖≫ 要するに、私どもを生かすも殺すも、全てあなたしだいです。あとは、好きなようにしてください。
≪新聞記者≫ 特ダネなんだけど、ウーン、弱ったなあ。
≪ナレーション≫ 沈黙が続いた。記者は、冷たくなったコーヒーを口にした。
戸田は、悠然(ゆうぜん)とタバコをふかしている。
伸一は祈るような気持ちで2人を見つめたのであります。
≪新聞記者≫ よし、わかりました。今回は記事にしません。残念だがしかたない。
≪ナレーション≫ 記者が帰った後、2人は語りあったのであります。
≪戸田城聖≫ 今の時代は、新聞というものがすごい力を持っているな。創価学会もいつか新聞を持たなくては、ならないな。伸、よく考えておいてくれ。
≪山本伸一≫ はい。わかりました。
≪ナレーション≫ この師弟の対話のなかから、聖教新聞が生まれたことは皆様御存知のとおりです。
さてお話しは、その日の夜に続きます。
≪戸田城聖≫ 今日は皆に聞いてもらいたいことがある。じつは今日、私の経営する信用組合が、業務停止になった。諸君には全く関係の無い事だが、私はこのやっかいな問題に専念するために、創価学会の理事長を辞任することにした。後任には三島君にやってもらいます。
私は理事長を辞めるわけだが、信心を止めるわけでは絶対ない。深く心に期するところがあります。今まで以上に広宣流布のために邁進する決意は断じて変わりません。この点に不信を抱き広宣流布の歩みを緩める事のないようして頂きたい。
≪ナレーション≫ 突然の発表に、集まったメンバーは不安が隠せません。
山本伸一はひとり、戸田のところに向かったのであります。
≪戸田城聖≫ なんだ。どうした。
≪山本伸一≫ 先生…
≪戸田城聖≫ なんだね?
≪山本伸一≫ 先生、今度、三島さんが理事長になると、私の師匠は三島さんになるんでしょうか?
≪戸田城聖≫ いや、それは違う!苦労ばかりかけてしまう師匠だが、君の師匠は、このぼくだよ。
≪ナレーション≫ 山本伸一は、その答えを、全生命で聞きたかったのです。
熱い感動が全身を貫き通したのであります。
≪戸田城聖≫ 伸、どうした?
≪山本伸一≫ いや、いいんです。先生、今日は、ありがとうございました。お休みなさい。
≪ナレーション≫ 山本伸一は、学会本部を勢い良く飛びだした。
≪山本伸一≫ これでいい。会社が潰(つぶ)れようと、先生が理事長をやめようと、先生と自分との一線が狂わないならば、何が起きようと、かまったことではない。
未来、生涯、いかなる苦難が打ち続くとも、この師に学んだ栄誉を、最高、最大の、幸福とする。
僕の生涯の師匠は、先生なんだ。先生なんだ。
これでいいんだ。これでよし。
≪ナレーション≫ 時に昭和25年、1950年8月24日、山本伸一、22歳、入会ちょうど3年目のその日であります。
本日は、小説人間革命第4巻 『怒濤(どとう)』の章より8月24日のお話しを黎明地区のオールスターキャストでお送りいたしました。
以上で寸劇人間革命のコーナを終わります。




関連記事

テーマ: 二次創作 | ジャンル: 小説・文学

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。