スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆のなかに死んでいく」

諸君は妙法を胸に抱きしめた文化部員であることを、いつ、いかなる所にあっても、忘れてはなりません。
民衆のなかに生き、民衆のために闘い、民衆のなかに死んでいってほしいと私は願う。

偉くなったからといって、大衆から遊離して、孤立したり、また組織の上にあぐらをかいたりするような政治家には、絶対に、なっていただきたくないのであります。
大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆のなかに入りきって、大衆のなかに死んでいっていただきたい。

SBSH0241_02.jpg




≪ナレーションA≫ それでは寸劇のコーナーです。
本日は「大衆とともに」と題しましてお送りいたします。

時は昭和30年西暦1955年2月。
学会本部2階の広間であります。

全国から選ばれた、文化部員の任命式が行われたのであります。

戸田城聖は、まだ海のものとも、山のものともわからない文化部員を前にして、その出立(しゅったつ)を激励したのであります。

≪戸田城聖≫ いよいよ時が来たのです。
諸君は妙法を胸に抱きしめた文化部員であることを、いつ、いかなる所にあっても、忘れてはなりません。
民衆のなかに生き、民衆のために闘(たたか)い、民衆のなかに死んでいってほしいと私は願う。

名聞名利(みょうもんみょうり)を捨て去った真の政治家の出現を、現代の人類社会は渇望(かつぼう)しているのだ。
諸君こそ、やがて、この要望に応えうる人材だと、私は諸君を信頼している。
立派に闘いなさい。
私はどんなにしても応援しよう。
今後どうなろうとも、わが学会の文化部員として、生涯、誇らかに生きぬいていきなさい。
ともかく、われわれの期待を断じて裏切るな!

≪ナレーションA≫そして、思わぬ厳しい指導がなされたのです。

≪戸田城聖≫ ここに集った、54名の文化部員は、皆、私の、愛弟子(まなでし)である。
私は、『獅子が我が子を千尋(せんじん)の谷に突き落とす』がごとき思いで、諸君を政治の世界に送り出すのである。
しかし、だれ一人として、這(は)い上がってくることはできぬであろう。

≪ナレーションA≫戸田は、滂沱(ぼうだ)とながれる涙を、ぬぐおうともしなかったのであります。

新しい分野に巣立つ54名の新部員は、緊張した面持ちで戸田の言葉を聞いていた。
それは激励とも思われたが、また新しい門出への惜別(せきべつ)の言葉とも響いた。
征(ゆ)き、断じて還ることを、拳(こぶし)を握りしめて心に誓ったのであります。

≪ナレーションB≫ それでは、ここでドラマを一つ紹介しましょう。

時は、昭和38年1963年6月28日の東京都議会の本会儀・一般質問の真っ最中であります。

≪公明議員・澤田良一≫大量の“し尿”が、消毒もされぬまま、隅田川に不法投棄されているという事実を、ご存知ですか!

≪某議員≫はっはっはっ、そんなバカなことがあるはずがないでしょ

≪澤田良一≫この写真を見てください。
この写真では、雪のようなものが帯状に川面(かわも)に広がっているのがわかります。
この白いのは、全部、不法投棄された“し尿”から発生したウジです。
これでは、都民は、まるで肥溜(こえだ)めのなかにすんでいるのも同然です。
私は、その実態を、その現場を、この目で見てきたのです。!

≪某議員≫アワワ、これは、これは、アワワ、

≪澤田良一≫周辺の住民の被害は、甚大です。想像を超える、大変な悪臭です。

私たちの調査によれば、一回に不法投棄されてきた“し尿”は小型バキュームカーにして4-50台分であり、それが少なくとも、週に2,3回は行われているのです。

≪ナレーションB≫ 議場は、騒然となりました。都知事も、清掃局長も全くの初耳です。
さっそく、実態調査がおこなわれることになりました。

清掃委員会所属の議員一行は、都の清掃局のタンクを調査したあと、いよいよ“し尿運搬船”に乗り込んだのであります。

≪某議員≫ ウ!これは、ひどい。とても運搬船には乗れません。ここから見てます。

≪ナレーションB≫ 夏の太陽がジリジリと照りつけ、耐え難い悪臭が広がっていたのであります。

≪し尿運搬船の業者≫ フン、不法投棄してるなんて、とんでもない言いがかりだ。
           そんなことは、絶対にやってませんよ。

≪澤田良一≫ この船の底に、“し尿”を放流するための開閉口はありませんか

≪し尿運搬船の業者≫ フン、ありませんね

≪澤田良一≫ あそこにあるのはなんだ!あれは開閉口のフタではないのか!

≪し尿運搬船の業者≫ 今は使ってませんよ。二年も前に釘を打って、フタしてますよ。

≪澤田良一≫ よし、ハシゴを掛けてくれ!
       この糞尿槽のなかを調査する。

≪し尿運搬船の業者≫ “し尿”は、規則どうりに、大島沖で、ポンプを使って捨てているので、開閉口は使っていませんよ。
中に入るなんて、そんなことやめてください。

≪ナレーションB≫ 公明会の議員は、ハシゴを下り、糞尿槽(ふんにょうそう)のなかに入っていった。
なかには、強烈な臭気が充満していたのであります。
しかし彼らは、鋭く業者の隠蔽工作(いんぺいこうさく)を見抜いていった。
開閉口のフタを閉ざすために打たれている釘が、まだ新しく、光っていることを見逃さなかったのであります。

≪澤田良一≫釘がまだ光っている。
二年も前に打った釘ならば、錆(さ)びついているはずだ。
この釘は、科学検査のために持って帰ります。

≪し尿運搬船の業者≫ いやだめだ。それはだめだ。

≪澤田良一≫なぜですか!

≪し尿運搬船の業者≫ なぜって…。あの…。ここには、釘抜きがないから、抜けないよ、、、

≪ナレーションB≫ それから間もない、ある日のことである。
深夜、議員の家に、脅迫電話がかかってきたのです。
「この件には、これ以上かかわるな!深入りするなら消すぞ!」
そして再び念を押すように、強い語調で「消すぞ!」と繰り返して電話は切れたのです。
だが公明会の議員は、いささかもひるまなかったのであります。

「大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆のなかに死んでいく」
--それが公明政治連盟の議員たちの、偉大なる精神であったからだ。

この精神を訴えたのは、山本伸一であった。

≪ナレーションA≫ 昭和37年西暦1962年9月13日公明政治連盟の第1回全国大会に出席した山本伸一は、大衆の真実の友たるべき、公明政治連盟の政治家の在り方を、次のように語ったのであります。

≪山本伸一≫最後の最後まで、生涯、政治家として、そして指導者として、大衆に直結していってもらいたい。

偉(えら)くなったからといって、大衆から遊離(ゆうり)して、孤立(こりつ)したり、また組織の上にあぐらをかいたりするような政治家には、絶対に、なっていただきたくないのであります。

大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆のなかに入りきって、大衆のなかに死んでいっていただきたい。
どうか、公政連(こうせいれん)の同志の皆さん方だけは、全民衆のための、大衆のなかの政治家として、一生を貫き通していただきたいと、切望するものであります。

≪ナレーションA≫そしてこの「大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆のなかに死んでいく」との言葉が、公明党の偉大なる立党精神となっていることは、皆様ご存知のとおりであります。

本日は、小説人間革命第9巻「展開」の章、さらに、小説新人間革命第9巻「衆望」の章などから、「大衆とともに」と題しまして、公明党の立党精神のお話を、旭日地区の オールスターキャストでお送りいたしました。

なお、来月は、薫(かお)り高き「寸劇」を準備しておりますので、どうかよろしくお願いいたします。

以上で寸劇のコーナーを終わります。




最後まで読んでいただきありがとうございます。

この寸劇人間革命の分量は、おおよそ20文字×170行です。

この寸劇を実際に座談会でやってみようと、思われた方は、「続きを読む」をご覧ください。
登場人物 
≪ナレーションA≫は全体の進行役。
≪ナレーションB≫は、ドラマの進行役として、登場します。両方を一人で読んでも大丈夫です。
≪戸田城聖≫ ≪公明議員・澤田良一≫ この2人は、壮年部の役ですが、婦人部でもかまいません。
元議員の方がいらっしゃれば、澤田役が適任です。
≪山本伸一≫ 支援活動の経験が少ない青年部、または新入会の方はどうでしょうか。
≪某議員≫≪し尿運搬船の業者≫ 幹部のかたにお願いしては、どうでしょうか。両方を一人で読んでも大丈夫です。
全部で7人。5人でも出来ます。セリフの少ない役は、座談会で、いきなり頼みましょう。

解説「大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆のなかに死んでいく」との精神を学ぶ寸劇になります。
前半、戸田先生のお話は、小説人間革命第9巻「展開」より。
後半、ドラマと山本会長の話は、小説新人間革命第9巻「衆望」よりです。
ただし、、獅子が我が子を千尋の谷に突き落とす。がごとき思いで、諸君を、、の部分は、月刊誌「潮」の連載からです。
昭和30年4月に統一地方選挙があり、その時、初めて支援活動を行っています。
公政連(こうせいれん)すなわち、公明政治連盟は、公明党の結成前の名前です。


原稿印刷座談会でやるためには、原稿印刷が、どうしても必要です。
Word を使ったとき、A4で2枚に印刷。
余白は上下左右とも15ミリ、12ポイント、横書き、段数2段、文字数22文字、行数42行。
こんなんでどうでしょうか。

このブログでは見やすくするため空白行が多くあります。
これでは印刷になりません。
空白行の少ないテキストデータを準備しましたので、ご活用ください。


≪ナレーションA≫ それでは寸劇のコーナーです。
本日は「大衆とともに」と題しましてお送りいたします。
時は昭和30年西暦1955年2月。
学会本部2階の広間であります。
全国から選ばれた、文化部員の任命式が行われたのであります。
戸田城聖は、まだ海のものとも、山のものともわからない文化部員を前にして、その出立(しゅったつ)を激励したのであります。
≪戸田城聖≫ いよいよ時が来たのです。諸君は妙法を胸に抱きしめた文化部員であることを、いつ、いかなる所にあっても、忘れてはなりません。民衆のなかに生き、民衆のために闘(たたか)い、民衆のなかに死んでいってほしいと私は願う。
名聞名利(みょうもんみょうり)を捨て去った真の政治家の出現を、現代の人類社会は渇望(かつぼう)しているのだ。諸君こそ、やがて、この要望に応えうる人材だと、私は諸君を信頼している。
立派に闘いなさい。
私はどんなにしても応援しよう。今後どうなろうとも、わが学会の文化部員として、生涯、誇らかに生きぬいていきなさい。
ともかく、われわれの期待を断じて裏切るな!
≪ナレーションA≫そして、思わぬ厳しい指導がなされたのです。
≪戸田城聖≫ ここに集った、54名の文化部員は、皆、私の、愛弟子(まなでし)である。
私は、『獅子が我が子を千尋(せんじん)の谷に突き落とす』がごとき思いで、諸君を政治の世界に送り出すのである。
しかし、だれ一人として、這(は)い上がってくることはできぬであろう。
≪ナレーションA≫戸田は、滂沱(ぼうだ)とだがれる涙を、ぬぐおうともしなかったのであります。
新しい分野に巣立つ54名の新部員は、緊張した面持ちで戸田の言葉を聞いていた。
それは激励とも思われたが、また新しい門出への惜別(せきべつ)の言葉とも響いた。
征(ゆ)き、断じて還ることを、拳(こぶし)を握りしめて心に誓ったのであります。

≪ナレーションB≫ それでは、ここでドラマを一つ紹介しましょう。
時は、昭和38年1963年6月28日の東京都議会の本会儀・一般質問の真っ最中であります。
≪公明議員・澤田良一≫大量の“し尿”が、消毒もされぬまま、隅田川に不法投棄されているという事実を、ご存知ですか!
≪某議員≫はっはっはっ、そんなバカなことがあるはずがないでしょ
≪澤田良一≫この写真を見てください。この写真では、雪のようなものが帯状に川面(かわも)に広がっているのがわかります。この白いのは、全部、不法投棄された“し尿”から発生したウジです。これでは、都民は、まるで肥溜(こえだ)めのなかにすんでいるのも同然です。私は、その実態を、その現場を、この目で見てきたのです。!
≪某議員≫アワワ、これは、これは、アワワ、
≪澤田良一≫周辺の住民の被害は、甚大です。想像を超える、大変な悪臭です。
私たちの調査によれば、一回に不法投棄されてきた“し尿”は小型バキュームカーにして4-50台分であり、それが少なくとも、週に2,3回は行われているのです。
≪ナレーションB≫ 議場は、騒然となりました。都知事も、清掃局長も全くの初耳です。
さっそく、実態調査がおこなわれることになりました。
清掃委員会所属の議員一行は、都の清掃局のタンクを調査したあと、いよいよ“し尿運搬船”に乗り込んだのであります。
≪某議員≫ ウ!これは、ひどい。とても運搬船には乗れません。ここから見てます。
≪ナレーションB≫ 夏の太陽がジリジリと照りつけ、耐え難い悪臭が広がっていたのであります。
≪し尿運搬船の業者≫ フン、不法投棄してるなんて、とんでもない言いがかりだ。そんなことは、絶対にやってませんよ。
≪澤田良一≫ この船の底に、“し尿”を放流するための開閉口はありませんか
≪し尿運搬船の業者≫ フン、ありませんね
≪澤田良一≫ あそこにあるのはなんだ!あれは開閉口のフタではないのか!
≪し尿運搬船の業者≫ 今は使ってませんよ。二年も前に釘を打って、フタしてますよ。
≪澤田良一≫ よし、ハシゴを掛けてくれ!
この糞尿槽のなかを調査する。
≪し尿運搬船の業者≫ “し尿”は、規則どうりに、大島沖で、ポンプを使って捨てているので、開閉口は使っていませんよ。中に入るなんて、そんなことやめてください。
≪ナレーションB≫ 公明会の議員は、ハシゴを下り、糞尿槽のなかに入っていった。なかには、強烈な臭気が充満していたのであります。しかし彼らは、鋭く業者の隠蔽工作を見抜いていった。開閉口のフタを閉ざすために打たれている釘が、まだ新しく、光っていることを見逃さなかったのであります。
≪澤田良一≫釘がまだ光っている。二年も前に打った釘ならば、錆(さ)びついているはずだ。この釘は、科学検査のために持って帰ります。
≪し尿運搬船の業者≫ いやだめだ。それはだめだ。
≪澤田良一≫なぜですか!
≪し尿運搬船の業者≫ なぜって…。あの…。ここには、釘抜きがないから、抜けないよ、、、
≪ナレーションB≫ それから間もない、ある日のことである。深夜、議員の家に、脅迫電話がかかってきたのです。「この件には、これ以上かかわるな!深入りするなら消すぞ!」そして再び念を押すように、強い語調で「消すぞ!」と繰り返して電話は切れたのです。
だが公明会の議員は、いささかもひるまなかったのであります。
「大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆のなかに死んでいく」--それが公明政治連盟の議員たちの、偉大なる精神であったからだ。
この精神を訴えたのは、山本伸一であった。

≪ナレーションA≫ 昭和37年西暦1962年9月13日公明政治連盟の第1回全国大会に出席した山本伸一は、大衆の真実の友たるべき、公明政治連盟の政治家の在り方を、次のように語ったのであります。
≪山本伸一≫最後の最後まで、生涯、政治家として、そして指導者として、大衆に直結していってもらいたい。
偉(えら)くなったからといって、大衆から遊離(ゆうり)して、孤立(こりつ)したり、また組織の上にあぐらをかいたりするような政治化には、絶対に、なっていただきたくないのであります。
大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆のなかに入りきって、大衆のなかに死んでいっていただきたい。
どうか、公政連(こうせいれん)の同志の皆さん方だけは、全民衆のための、大衆のなかの政治家として、一生を貫き通していただきたいと、切望するものであります。
≪ナレーションA≫そしてこの「大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆のなかに死んでいく」との言葉が、公明党の偉大なる立党精神となっていることは、皆様ご存知のとおりであります。
本日は、小説人間革命第9巻「展開」の章、さらに、小説新人間革命第9巻「衆望」の章などから、「大衆とともに」と題しまして、公明党の立党精神のお話を、旭日地区の オールスターキャストでお送りいたしました。
なお、来月は、薫(かお)り高き「寸劇」を準備しておりますので、どうかよろしくお願いいたします。
以上で寸劇のコーナーを終わります。
関連記事

テーマ: 二次創作 | ジャンル: 小説・文学

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。