アフリカ支部の結成

 何の後ろ盾もない、不慣れな土地で、日々の生活と格闘しながら、言葉や風俗、習慣の違いを超えて、人びとの信頼と友情を育み、仏法を伝えてきたんですね。

 誤解や偏見による、非難もあったに違いない。まさに忍耐の労作業です。
遠く異国の地にあって、広宣流布に生き抜こうとする、健気なる同志のあなたがたに、私は、仏を見る思いがしてならないのです。

 世界広布を担ってきたのは、“衣の権威”に身を包んだ僧侶たちではなく、在家である創価学会の、名もなき会員たちであった。しかもその多くは女性であったのであります。
 この小さな流れが、今やSGI・192ヵ国地域の大きな流れとなったことは、皆様ご存知のとおりです。


P1010735_1.jpg


≪ナレーション≫ ここは、アフリカ。赤道直下のナイジェリアであります。

 日本から遠く離れたこの地において、広宣流布を我が使命と定め、必死でがんばっている一人の婦人・フジエ・ジェイムズさん。本日の寸劇の主人公であります。

時は、昭和40年・西暦1965年10月20日。

ヨーロッパ事務所の開所式が行われたのであります。

事務所と言っても、二間の小さなアパート・ヨーロッパ本部長の川崎鋭治夫妻の自宅であります。

 川崎のアパートは、代表メンバーで、あふれんばかりでありました。

≪川崎鋭治≫ 先生、アフリカから、駆けつけてきたメンバーがいます。フジエ・ジェイムズさんです。

≪山本伸一≫ どうも、遠いところ、ご苦労様です。

どうぞ、前にいらしてください。アフリカのどこからこられたんですか。

≪フジエ・ジェイムズ≫ ナイジェリアのカズナというところです。

≪山本伸一≫  ナイジェリアには、メンバーは、今、何人ぐらい、いるんですか。

≪フジエ・ジェイムズ≫ はい、34人おります。現地の人が30人で、日本人は私を含めて4人です。

≪山本伸一≫ そうですか。そんなにいるんですか。

 フジエ・ジェイムズさんの入会はいつですか。

≪フジエ・ジェイムズ≫ はい、昭和32年ですから8年前です。お友達の勧めで入会しました。

≪山本伸一≫ どのような、いきさつでアフリカに渡ったのですか。

≪フジエ・ジェイムズ≫ はい、2年前に航空会社のマネージャーをしているイギリス人と結婚し、イギリスのバーミンガムで生活を始めました。

言葉もあまり通じない中、ロンドンの、エイコ・リッチさんと連絡を取り合いながら信心をしておりました。

 ところが突然、夫の仕事の関係で、ナイジェリアに移り住むことになり、川崎本部長に指導を受けたのです。

≪川崎鋭治≫ 今は寂しい思いでいっぱいかもしれないが、仏法の眼からみれば、アフリカ広布のパイオニアとしての使命を果たすために、ナイジェリアへ行くということなんです。

 それは、久遠の昔に、自ら願い出て、日蓮大聖人と交わした約束なんです。確かに、気候、風土も、文化も違う土地で生活することは大変でしょう。

しかし、いよいよ、久遠のわが使命を果たす時がきたのだと考えることです。

 何があっても、負けてはいけません。辛いなと思ったときは、うんとお題目を唱えるんですよ。

≪フジエ・ジェイムズ≫ ナイジェリア行きは、私の使命なんだ。

よしがんばろう!アフリカ中に、幸福の種をまこう!と決意しました。

≪山本伸一≫ そうです。その決意が大切です。

ナイジェリアでの活動の様子を教えてください。

≪フジエ・ジェイムズ≫ はい。私の住んでいる街でビルといえるのは、三、四階建てのホテルや空港の建物ぐらいで、少し郊外に行けば、どこまでも、どこまでも赤土の大地が続いています。

 一番の驚きは、カメレオンです。木の上だけでなく、保護色にまぎれて車のうえにも、どこにでもいたりするんです。家の中にいる、トカゲ、そして熱病のマラリアにも、悩まされました。

 しかし、ここが我が使命の天地です。コンクリートの床に毛布を敷いて座り、一生懸命お題目を唱えました。

アフリカ地図を見ては、都市の名前を覚え、アフリカ全土に題目をしみこませる思いで、唱題しました。

やっと覚えた公用語の英語で、布教も始めましたが、信心する人は誰もいませんでした。

 そんな時 エイコ・リッチさんからお手紙がきました。

≪エイコ・リッチ≫ そちらに、紡績会社から技術指導で派遣されている、日本の壮年部のメンバーがいます。

≪フジエ・ジェイムズ≫ 私は大喜びで連絡をとり、会ってみました。

彼は現地の人たちに、お題目を教えていたんです。勇気100倍です。

 その人たちに仏法の素晴らしさを、英語で説明していきました。こうして信心を始める人が増えていったんです。

今では週に1回、土曜日の夜に、現地のメンバーの家で座談会を開いています。時には30人40人と集まり、部屋に入りきれない時もあるんです。

≪山本伸一≫ それは、素晴らしい。いよいよアフリカにも、使命の友が誕生したんですね。こんなに嬉しいことは、ありません。

 皆さん、アフリカに支部を結成しましょう。支部の名前は、アフリカ支部、支部長はジェイムズさんに、お願いしてはどうだろうか。

 21世紀はアフリカの時代になるでしょう。その未来を開き、創るために、がんばるんです。未来の創造こそが、人間に与えられた力であり、尊き使命なんです。

≪フジエ・ジェイムズ≫ アフリカ支部。アフリカ支部ですね。はい。がんばります。

≪山本伸一≫ 何の後ろ盾もない、不慣れな土地で、日々の生活と格闘しながら、言葉や風俗、習慣の違いを超えて、人びとの信頼と友情を育み、仏法を伝えてきたんですね。

 誤解や偏見による、非難もあったに違いない。まさに忍耐の労作業です。遠く異国の地にあって、広宣流布に生き抜こうとする、健気なる同志のあなたがたに、私は、仏を見る思いがしてならないのです。

≪ナレーション≫ 世界広布を担ってきたのは、“衣の権威”に身を包んだ僧侶たちではなく、在家である創価学会の、名もなき会員たちであった。しかもその多くは女性であったのであります。

 この小さな流れが、今やSGI・192ヵ国地域の大きな流れとなったことは、皆様ご存知のとおりです。

 本日は、小説 新人間革命第十巻“新航路”の章から「アフリカ支部結成」と題しまして、旭日地区のオールスターキャストで、おおくりいたしました。

 世界広布新時代開幕の年を、新たな決意で、出発しようではありませんか。

 以上で寸劇人間革命のコーナーを終わります。



この寸劇人間革命を最後まで読んでいただきありがとうございます。

この寸劇の分量はおおよそ 20文字×130行 です。


以前に作成したものを短く作り直してみました。
その寸劇を読んでみたい方は、ここをクリック してください。



原稿印刷のために空白行の少ないテキストデータを準備しました。
是非ご活用ください。



≪ナレーション≫ ここは、アフリカ。赤道直下のナイジェリアであります。
 日本から遠く離れたこの地において、広宣流布を我が使命と定め、必死でがんばっている一人の婦人・フジエ・ジェイムズさん。本日の寸劇の主人公であります。
 時は、昭和40年・西暦1965年10月20日。ヨーロッパ事務所の開所式が行われたのであります。事務所と言っても、二間の小さなアパート・ヨーロッパ本部長の川崎鋭治夫妻の自宅であります。川崎のアパートは、代表メンバーで、あふれんばかりでありました。
≪川崎鋭治≫ 先生、アフリカから、駆けつけてきたメンバーがいます。フジエ・ジェイムズさんです。
≪山本伸一≫ どうも、遠いところ、ご苦労様です。どうぞ、前にいらしてください。アフリカのどこからこられたんですか。
≪フジエ・ジェイムズ≫ ナイジェリアのカズナというところです。
≪山本伸一≫  ナイジェリアには、メンバーは、今、何人ぐらい、いるんですか。
≪フジエ・ジェイムズ≫ はい、34人おります。現地の人が30人で、日本人は私を含めて4人です。
≪山本伸一≫ そうですか。そんなにいるんですか。
 フジエ・ジェイムズさんの入会はいつですか。
≪フジエ・ジェイムズ≫ はい、昭和32年ですから8年前です。お友達の勧めで入会しました。
≪山本伸一≫ どのような、いきさつでアフリカに渡ったのですか。
≪フジエ・ジェイムズ≫ はい、2年前に航空会社のマネージャーをしているイギリス人と結婚し、イギリスのバーミンガムで生活を始めました。言葉もあまり通じない中、ロンドンの、エイコ・リッチさんと連絡を取り合いながら信心をしておりました。
 ところが突然、夫の仕事の関係で、ナイジェリアに移り住むことになり、川崎本部長に指導を受けることにしたのです。
≪川崎鋭治≫ 今は寂しい思いでいっぱいかもしれないが、仏法の眼からみれば、アフリカ広布のパイオニアとしての使命を果たすために、ナイジェリアへ行くということなんです。
 それは、久遠の昔に、自ら願い出て、日蓮大聖人と交わした約束なんです。確かに、気候、風土も、文化も違う土地で生活することは大変でしょう。しかし、いよいよ、久遠のわが使命を果たす時がきたのだと考えることです。
 何があっても、負けてはいけません。辛いなと思ったときは、うんとお題目を唱えるんですよ。
≪フジエ・ジェイムズ≫ ナイジェリア行きは、私の使命なんだ。よしがんばろう!アフリカ中に、幸福の種をまこう!と決意しました。
≪山本伸一≫ そうです。その決意が大切です。ナイジェリアでの活動の様子を教えてください。
≪フジエ・ジェイムズ≫ はい。私の住んでいる街でビルといえるのは、三、四階建てのホテルや空港の建物ぐらいで、少し郊外に行けば、どこまでも、どこまでも赤土の大地が続いています。
 一番の驚きは、カメレオンです。木の上だけでなく、保護色にまぎれて車のうえにも、どこにでもいたりするんです。家の中にいる、トカゲ、そして熱病のマラリアにも、悩まされました。
 しかし、ここが我が使命の天地です。コンクリートの床に毛布を敷いて座り、一生懸命お題目を唱えました。アフリカ地図を見ては、都市の名前を覚え、アフリカ全土に題目をしみこませる思いで、唱題しました。やっと覚えた公用語の英語で、布教も始めましたが、信心する人は誰もいませんでした。
 そんな時 エイコ・リッチさんからお手紙がきました。
≪エイコ・リッチ≫ そちらに、紡績会社から技術指導で派遣されている、日本の壮年部のメンバーがいます。
≪フジエ・ジェイムズ≫ 私は大喜びで連絡をとり、会ってみました。彼は現地の人たちに、お題目を教えていたんです。勇気100倍です。
 その人たちに仏法の素晴らしさを、英語で説明していきました。こうして信心を始める人が増えていったんです。今では週に1回、土曜日の夜に、現地のメンバーの家で座談会を開いています。時には30人40人と集まり、部屋に入りきれない時もあるんです。
≪山本伸一≫ それは、素晴らしい。いよいよアフリカにも、使命の友が誕生したんですね。こんなに嬉しいことは、ありません。
 皆さん、アフリカに支部を結成しましょう。支部の名前は、アフリカ支部、支部長はジェイムズさんに、お願いしてはどうだろうか。
 21世紀はアフリカの時代になるでしょう。その未来を開き、創るために、がんばるんです。未来の創造こそが、人間に与えられた力であり、尊き使命なんです。
≪フジエ・ジェイムズ≫ アフリカ支部。アフリカ支部ですね。はい。がんばります。
≪山本伸一≫ 何の後ろ盾もない、不慣れな土地で、日々の生活と格闘しながら、言葉や風俗、習慣の違いを超えて、人びとの信頼と友情を育み、仏法を伝えてきたんですね。
 誤解や偏見による、非難もあったに違いない。まさに忍耐の労作業です。遠く異国の地にあって、広宣流布に生き抜こうとする、健気なる同志のあなたがたに、私は、仏を見る思いがしてならないのです。
≪ナレーション≫ 世界広布を担ってきたのは、“衣の権威”に身を包んだ僧侶たちではなく、在家である創価学会の、名もなき会員たちであった。しかもその多くは女性であったのであります。
 この小さな流れが、今やSGI・192ヵ国地域の大きな流れとなったことは、皆様ご存知のとおりです。
 本日は、小説 新人間革命第十巻“新航路”の章から「アフリカ支部結成」と題しまして、旭日地区のオールスターキャストで、おおくりいたしました。
 世界広布新時代開幕の年を、新たな決意で、出発しようではありませんか。
 以上で寸劇人間革命のコーナーを終わります。


印刷原稿のイメージです。Word。A4。フォント10.5。横書き。段数2。文字数27。行数52。余白は上下左右、9mm。

img107.jpg




関連記事

テーマ: 二次創作 | ジャンル: 小説・文学

コメント

  • 2014/01/04 (Sat) 13:58
    Re: No title

    ○○様
    楽しく読んでおられるとのコメントありがとうございます。
    これからも宜しくお願いします。

    土星人 #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top