スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任用試験の模擬試験を実施してみました。

会場番号は、当日発表になると思いますから、今日は、1234 としましょう。
1,2,3,4の所に、鉛筆でマークしてください。

img412.jpg

おばあちゃん。それ違いますよ??

おばちゃん、それボールペンですよ。(おばあちゃん、ボールペンとシャープペンが良くわからない。)

まあ、いろいろありましたが、注意点が少しありました。

年配の方は、シャープペンよりも、鉛筆のほうが良いと思います。

特に、問題用紙の上に解答用紙をのせて鉛筆でなぞる場合、筆圧の弱い年配の方は、HBじゃなくて、Bの鉛筆がおすすめです。

消しゴムも、イロイロありました。きれいに消せない消しゴムもありました。
新しい消しゴムを、買ってきましょう。


早くできた人から、どんどん採点です。採点といっても簡単です。プリンターに解答用紙をいれて印刷すればいいんです。
もちろん、最初から「合格」と印字してます。

img413.jpg


アットいう間に、採点しちゃうので、みんなびっくり。

早速、テキスト広げて勉強です。

中には、仕掛けの良くわからない人もいて、「わぁー。合格だぁー」と、感動しておりました。


img414.jpg

最高齢のおばあちゃんは、88歳。90分かけて、最後の問題までたどり着きました。ただただ、脱帽です。
45分遅刻した、18歳男子部も大健闘。全員、大合格です。
(注意!もちろん試験時間は60分ですし、遅刻の時間15分くらいしか認められていません。)

オープン参加のご夫婦。奥様は、98点。(25)の問題にやられました。
ご主人は、なんと100点。「ふっふっふっ。まあこんなもんだよ。」
かくして、婦人部Vs壮年部のバトルは、めずらしく壮年部の大勝利となったのであります。

2014ninnyou_1.jpg



2014ninnyou_2.jpg





もっといい予想問題がたくさん出回っていると思いますので、テキストデータのかたちで問題を掲載します。



(25)がちよっと判りにくい問題です。「ウ 自身が本来、南無妙法蓮華経そのものであると知り、その福徳をわが身に開きあらわしていく。これ以上の人生の喜びはありません。」の設問は、「歓喜の中の大歓喜なり」の御文を想定しています。
(43)設問の解答例に、11.18を二つ並べていますが、これは、創立100周年を意識してもらいたいための問題です。


  問一   「御書3篇(座談会拝読御書)」から、問いに答えなさい。

●①日蓮生れし時より・いまに一日片時も  (1)  やすき事はなし、此の  (2)  の  (3)  を弘めんと思うばかりなり
①の御文の空欄、1、2、3、に入る正しい言葉を、ア~オ から、選びなさい。
ア 法華経  イ 題目  ウ こころ  エ 信心  オ 妙法
①の御文の趣旨にかなった正しい説明文は  (4)  です。次の ア、イ から、選びなさい。
ア 身命を惜しまずに戦うところに、必ず幸福勝利の人生を開くことができる。 イ 身命を惜しまずに戦うことは、とても大変だ。
●②凡夫の仏になる又かくのごとし、必ず三障四魔と申す障いできたれば  (5)  はよろこび  (6)  は退くこれなり
 ②の御文の空欄、5、6、に入る正しい言葉を、ア~エ から、選びなさい。
ア 信者 イ 賢者  ウ 行者  エ 愚者
●③ 何なる世の乱れにも各各をば法華経・ (7) ・助け給へと湿れる木より  (8)  を出し 乾ける土より  (9)  を儲けんが如く強盛に申すなり
③の御文の空欄、7、8、9、に入る正しい言葉を、ア~オ から、選びなさい
ア 金  イ 火  ウ 水  エ 十羅刹  オ 不軽菩薩
③の御文(呵責謗法滅罪抄)は、 (10) から、四条金吾に送られたお手紙です。空欄に入る正しい言葉を、ア~ウ から、選びなさい。
ア 流罪の地・佐渡  イ 身延  ウ 鎌倉

  問二   教学入門の「大聖人のご生涯」から、問いに答えなさい。

●次の事柄の正しい年号を、ア~ウ から、選びなさい。
 (11) 立宗宣言    (12) 竜の口の法難    (13) 一閻浮提総与の大御本尊を建立
ア 弘安2年10月12日    イ 建長5年4月28日    ウ 文永8年9月12日
●次の文の中の空欄に入る正しい言葉を、ア~オ から、選びなさい
文応元年7月16日 、大聖人は  (14)  を著し、最高権力者 北条時頼 に提出されました。
この書において大聖人は、悪法への帰依を改めなければ  (15)  と  (16)  の二つの災難が起こると警告しました。
ア  自界叛逆難  イ 三災七難  ウ 他国侵逼難  エ 立正安国論  オ 報恩抄
●佐渡流罪中、大聖人は重要な御書を著されています。次の説明文の中の空欄に入る正しい言葉を、ア~オから、選びなさい。
開目抄 は  (17)  開顕の書 。観心本尊抄 は  (18)  開顕の書 といわれます。
  ア 御本尊  イ 法本尊  ウ 三大秘法  エ 人本尊  オ 妙法
●大聖人および門下が受けた法難の名前を、ア~ウ から、選びなさい。
 (19) 農民信徒たちが無実の罪で連行され、神四郎・弥五郎・弥六郎の三兄弟が処刑された。
 (20) 立正安国論、提出の直後、念仏者たちが、大聖人の草庵を襲った。
ア 小松原の法難  イ 熱原の法難  ウ 松葉ケ谷の法難

  問三   「教学入門」から、問いに答えなさい。

●次の「十界論」についての説明文は、何界に当たりますか。正しい語句を、ア~エ から、選びなさい。
 なにものにも侵されることのない絶対的幸福境涯。生きている事自体が幸福であるという境涯。  (21) 界
苦しみに縛られ生きていること自体が苦しく、何を見ても不幸に感じる最低の境涯。  (22) 界
常に他者に勝ろうとする「勝他の念」を強く持つ境涯。  (23) 界
欲望が満たされ、喜びに浸っている境涯。  (24) 界
ア 天   イ 仏   ウ 地獄  エ 修羅

●「南無妙法蓮華経」について述べられた次の御文の説明文は、 (25) です。ア、イ、ウ の中から、正しいものを選びなさい。
◎此の御本尊 全く余所に求る事なかれ・只我れ等衆生の 法華経を持ちて 南無妙法蓮華経と唱うる 胸中の肉団に おはしますなり
ア 日蓮大聖人は、宇宙と生命の根源の法がご自身の生命に具わっている事を覚知され、それが南無妙法蓮華経であると明かされたのです。
イ 根源の法である、南無妙法蓮華経を拝して、それが私たち自身の生命にも厳然と具わっているのだと信じ受け止めていく事が大切です。
ウ 自身が本来、南無妙法蓮華経そのものであると知り、その福徳をわが身に開きあらわしていく。これ以上の人生の喜びはありません。

●次の御書は「信・行・学」のあり方を示された重要な御文です。説明文の中の空欄に入る正しい言葉を、ア~エ から、選びなさい。
◎行学の二道を はげみ候べし、行学たへなば 仏法は あるべからず、われも いたし 人も教化候へ、行学は信心より をこるべく候
「行」には、「自行」と「化他」の両面があります。 (26) は「化他」について述べたところです。
ア 二道を はげみ候べし  イ 仏法は あるべからず  ウ 人をも教化候へ  エ 信心より をこるべく候

●「一生成仏」について述べた次の文の中の空欄に入る正しい言葉を、ア~ウ から、選びなさい。
日蓮大聖人は、成仏について 「成は、 (27) 義なり」と仰せです。
ア 祈る   イ 開く  ウ 信じる

●「立正安国と広宣流布」について、次の文の空欄に入る、適切な御文を、ア、イ から、選びなさい。
◎創価学会が平和・教育・人権など取り組んでいる姿は「立正安国」の精神に基づくものであり、御書に (28) と、あるとおりです。
◎御書に (29) と、あるとおり、広宣流布こそ日蓮大聖人の根本精神です。それを受け継いで広宣流布を進めてきたのが創価学会です。
ア 日蓮が慈悲曠大ならば 南無妙法蓮華経は 万年の外・未来までも ながるべし
イ 汝須く一身の安堵を 思わば 先ず四表の静謐を 祷らん者か

●次の文は「三証」についての説明です。空欄に入る正しい言葉を、ア~ウ から、選びなさい。
正法を判定する基準が三証です。 (30) とは、宗教を実践した結果が、生命や実生活そして社会にどう現れたか、ということです。
ア 文証  イ 理証  ウ 現証

  問四   「教学入門」から次の問いに答えなさい。

●次の二つの文は「宿命転換」について述べたものです。空欄に入る正しい語句を、ア~エ から、選びなさい。
①妙法流布の実践の功徳力によって、重い罪業を軽く受けて消滅させることができます。この法理が (31) です。
②信心を貫く私たちにとって宿命の意味は大きく変わります。
仏法の正しさを、証明するために、自ら願って業を背負って悪世に生まれることを、 (32) といいます。
ア 一生成仏  イ 転重軽受  ウ 願兼於業  エ 発迹顕本
●次の文は右の②の法理について述べたものです。空欄に入る正しい語句を、ア、イ から、選びなさい。
池田先生はこの法理を、わかりやすく『宿命を (33) に変える』と示しています。
ア 使命  イ 運命

●「難を乗り越える信心」から三障四魔について、空欄に入る正しい言葉を、ア~オ から、選びなさい。
三障とは、信心修行実践を妨げる働きを言います。煩悩障  (34)障  報障 の三つがあります。
四魔とは信心修行者から生命の輝きを奪う働きをいいます。 陰魔   (35)魔   死魔   (36)魔 の四つをいいます。
ア 煩悩  イ 天子  ウ 業  エ 謗法  オ 諂曲

●次の文は三類の強敵について述べたものです。三類の強敵の、どの説明文なのか、ア~ウ から、選びなさい。
  (37) 聖者のように仰がれている高僧で、権力者を動かして法華経の行者を迫害する。なかなか見破り難く、最も悪質である。
ア 俗衆増上慢  イ 道門増上慢  ウ 僭聖増上慢

●次の御書は「信仰と実践」について述べた御文です。それぞれ、何についての御文なのか、ア~オ から、選びなさい。
  (38) 神の護ると申すも 人の心つよきに よるとみえて候
  (39) 日蓮が一類は 異体同心なれば 人人すくなく候へども 大事を成じて・一定法華経ひろまりなん と覚へ候、
  (40) 御みやづかいを 法華経と をぼしめせ
  (41) 教主釈尊の 出世の本懐は 人の振舞にて 候けるぞ
  (42) 此の曼荼羅 能く能く信ぜさせ給うべし、 南無妙法蓮華経は師子吼の如し・いかなる病さはりを なすべきや、
ア「功徳」  イ「諸天善神」  ウ「異体同心」  エ「信心即生活」  オ「人の振る舞い」

  問五   「世界広布と創価学会」から、問いに答えなさい。

●「創価学会の歴史」について述べた文の、空欄に入る正しい 年月日を、ア~エ から、選びなさい。
牧口先生は、 (43) 、創価教育学体系を発刊。この日が創価学会の創立記念日です。
戸田先生は、 (44) 、第2代会長に就任。75万世帯の折伏を達成するとの誓願を宣言しました。
ア 昭和5年(1930年)11月18日  イ 昭和19年(1944年)11月18日  ウ 昭和26年(1951年)5月3日   エ 昭和32年(1957年)7月3日
●「創価学会の歴史」について、次の 年月日の空欄に入る出来事を、ア~エ から、選びなさい。
昭和33年(1958年)3月 16日 (45)
昭和35年(1960年)10月 2日 (46)
ア 戸田先生から、後継の青年に広宣流布の大願が託された儀式が行われ、後に「広宣流布記念の日」となりました。
イ 池田先生が、第3代会長に就任し、学会の新たな前進が始まりました。
ウ 池田先生が、南北アメリカへ出発し、世界広布の第一歩を踏み出しました。
エ 世界51ヶ国・地域の代表がグアム島に集って、創価学会インターナショナル(SGI)が発足。池田先生がSGI会長に就任。

●「日顕宗を破す」について述べた次の文の空欄に入る御文を、ア~エ から、選びなさい。
◎立正安国論に (47) と仰せのとおり、仏法を正しく実践する上で大事なことは、成仏を妨げる悪縁となる「一凶」と
戦い抜いていくことです。現代の「一凶」「法華経の敵」とは、謗法の法主・日顕であり、日蓮正宗宗門・「日顕宗」です。
◎日顕宗は、法主は絶対であるから、ともかく法主に従えという「法主絶対論」「法主信仰」です。法主が絶対であるなどという教義は、大聖人の御書にない「邪義」です。日興上人が、 (48) と戒められているとおりです。
◎日顕宗は、前の法主から相承を受けるだけで仏の覚りが、次の法主に伝えられるという神秘的な血脈観を主張しています。このような血脈観は大聖人の教えに全く関係のない「邪義」です。御書に (49) とあるように血脈とは万人に開かれたものです。
また御書に (50) と仰せのように血脈とは正しい信心の事です。

ア 時の貫首為りと雖も 仏法に相違して己義を構えば 之を用う可からざる事
イ 日本国の一切衆生に 法華経を信ぜしめて 仏に成る血脈を 継がしめん
ウ 信心の血脈なくんば 法華経を持つとも 無益なり
エ 如かず 彼の万祈を修せんよりは 此の一凶を 禁ぜんには




関連記事

テーマ: 管理者から | ジャンル: その他

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。